「チベットの旅」カテゴリーアーカイブ

仏像好きに行ってほしい聖地チベットの美しい仏像達とは?

チベット、ラダック、ネパール・・。

チベット文化圏には仏像好きにはたまらない聖地であり、ボクは数多くのチベット寺院で美しい仏像達を見てきた旅人の一人だ。

ボクは仏画の勉強の為にとチベット文化圏を旅している画家旅人だが、ボクが旅のメインにしているのはチベット寺院(ゴンパ)内に描かれている細かいにも程がある!チベットの神々の壁画であり、何よりも『ホンモノ』を見るのは仏画の勉強になる。

しかし、壁画も素晴らしいが本殿に鎮座する仏像達も相当に素晴らしく、東チベットのカンゼ・ゴンパにある立体曼荼羅は感動を覚えた位だ。

(その後、感動のあまり五体投地をするボク・・)

チベットには、このような仏像好きには堪らない仏像達が数多く存在し、一生の宝となるような旅の想い出をつくってくれるのだ。

【チベットの美しすぎる仏像達】

以外の写真は、ボクが実際にチベットを旅してきて撮ってきた仏像の写真だが、これを見れば如何にチベットは仏像好きに堪らないエリアだという事が分かるだろう。

*因みに、ボクは今まで寺院内部の写真を色々撮ってきたが、場合によっては撮影禁止の所もあるため、一応僧侶に確認をとった方がいいだろう。

 

まずは東チベットのラガン・ゴンパ。

 

大平原に囲まれたラガンという小さな町にあるゴンパだが、ここには聖なる釈迦如来像があり、地元住民が熱心にコルラ(巡礼)している姿をよく見ることが出来る。

このゴンパを有名にしているのは釈迦如来像だが、壁画好きにも是非オススメしたいゴンパで、3つある御堂には、それぞれ違うタッチで描かれた壁画があり、土手も印象的だった。

また、タウにある巨大仏塔となりには、ゴンパ(?)は粗末な造りだが、幾つも仏像達が鎮座していて、チベット人の中には五体投地で祈る人もいた位だ。

 

続いてラダックと言えば、ここ!

 

白亜の巨大僧院ティクセ・ゴンパにある弥勒菩薩像だ。

写真を見ると仏像の顔のアップで写っているが、これは御堂の中に仏像が造られている構造上のせいで、巨大過ぎる仏像を間近に拝観するため2階入り口から入ると直ぐに、お顔を見ることが出来るのだ。

チベットには信仰心高い土地がらなせいか巨大な仏像を多く見ることができるが日本との違いは、やたらと鮮やかな所かも知れない。

伝統的に仏像の色が剥げてくると再塗装する事がよくあり、それが何世代も続いているので、何処に行っても色鮮やかな仏像をゴンパで見ることが出来るのだ。

また、チベット文化圏何処でも見かける事ができるのがチベット仏教の始祖パトマサンヴァパの大仏だ。

チベット仏教では、悟りを開いた者を神同等の地位に並べさせるという事があるためか、タンカ(仏画)ではしばしば高僧達が描かれたり、仏像も多く造られるのだ。

日本でも弘法大師空海や親鸞上人が、崇められる事があるがチベットにおいては、その比較にならない。

ネパールの聖地ファルピンのようなパトマサンヴァパ縁の地とかになると、こぞってニンマ派の僧院が造られ、寺院内外に巨大なパトマサンヴァパの仏像が鎮座するようになる。

この他にも、チベット初代国王ソンツェン・ガンポの仏像や、まるで生き人形のようにリアリティある高僧の仏像をネパールでは見ることが出来る。

ボクは今までチベット文化圏を色々と旅してきたが、いつも思うのがチベット人という人達は信仰心が強く、宗教というのを大切にしている事だ。

だからこそ日本では比較にならない程、仏像を造ったり、色鮮やか壁画を寺院に塗ったりして崇めているんだと思う。

そんな仏像好きにはたまらない聖地であるチベット文化圏の国々、地域が大好きでボクこれからも旅をするだろう!

このブログではガイドブックに載っていないようなチベットの仏像達をガンガン紹介していくので仏像好きの人は注視しておいて欲しい!!

Eメール *

【中国の田舎は寒い!】東チベットを旅する時に着ていくべき服装とは?

中国・四川省西部に広がる、俗に『東チベット』と呼ばれる中国の田舎のようなチベット地域だが真冬に行く場合、どんな服装ならベストなのか?

実際に1月の真冬の東チベットを旅したボクが気になる冬の気温と共に、これから東チベットを旅する上でアドバイスしようと思う。

 

因みに東チベット旅行を考えている人はこちらの記事を読んで欲しい。

東チベット(中国四川省)への飛行機代や約2週間位旅した時にかかった旅行費用(移動費や宿泊費)等をまとめておいた。

【注目】東チベット旅行に行ったら以外に費用がかかった∑(OωO; )何故!?

【冬の東チベットの気温】

四川省の中心地都市『成都』の冬(1月)の平均気温は大体3~8℃だが、東チベットがあるカンゼ方面に行くと成都よりも、もっと冷え込み5~-10℃にもなる。

ただ、実際に行ってみると町ごとに体感気温はかなり違っていた。

 

例えばボクはカンディン~カンゼまでの間、各東チベットの町を色々立ち寄ったが最も寒かったのはカンディン(康定)だった。

 

カンディンは標高2500メートル程の山あいの町で東チベット各地へ行くための起点となる交通の要衝でもあり、他の東チベットの町と比べて標高も低いのだが・・

 

町の中心には川が流れていて、朝や夜等は土手も冷え込み、日本から着てきた厚手の民族衣装でもかなり寒かったというのを記憶している(体感気温として1~2℃位)

 

因みにカンディンの観光スポットはダライ・ラマ14世が滞在したンガチュ・ゴンパや近くにある温泉だろう。

カンディンは一見すると日本の温泉街のような雰囲気をかもちだすが、カンディンを囲む岩山を見ると仏達の彫刻がいくつも刻まれ、ここがチベットだという事が分かる。

次に行ったのは聖なる釈迦如来像『ラガン・ジョウォ』があるラガンという小さな町で標高3700メートルにもなる高地に位置する場所で周辺には広大なチベットの山々が広がっている。

 

だが、標高が高いにも関わらずカンディンよりは寒くなかった。

 

真冬なのに寒く無かったのは、恐らく雪が降っていない事が原因だろう。

 

場所によっては雪が積もるような場所もあるらしいが少なくともボクが旅をした時点では積雪はなく、凍える程では無かった。

 

この事は同じチベット文化圏の標高3500メートルに位置するインド・ラダック地方を旅した時と比べてみても、遥かに寒くない。

 

因みにラダックの場合は積雪もあってか、一日中氷点下を越え(3月時点)体の震えが止まらなかった程だ。

 

ラダックはチベット文化圏を旅する画家のボクが最もオススメするチベット地域で、寺院巡りにとどまらずトレッキングや高地に広がる巨大湖巡り等が出来るインド秘境の地だ。

【インド秘境の地】ラダックで寺院巡りやトレッキングする方法とは?

【ラガンを過ぎると気温が高くなる?】

ラガンを過ぎると標高は下がりタウという町に入る。

 

巨大チョルテンが有名なタウは標高3040メートルであり、何故か鮮水河という大きな川が近くにあるにも関わらず、日中は暖かく、まるで春の陽気のようだった。

しかし、タウから川沿いに70キロ先にあるダンゴ(標高3230メートル)に行くと一転冬の陽気に戻り、コーラすらシャーベット状になるくらい気温が低くなるのだ。

因みにダンゴ(ルーフォ)は1973年の大地震の後に造られた新しい町で、二つの川が交わっている場所にあり(そのせいで寒いのかも)民族衣装を着たチベタンを多く見ることが出来る。

 

 

また、ダンゴを臨む丘の上にはゲルク派大僧院ダンゴ・ゴンパがある。

 

 

ボクが東チベットを旅したのは標高3310メートルに位置するカンゼまでだったが、ラダックで出会った日本人の話によると東チベット最大の仏教寺院ラルン・ガル・ゴンパは真冬になると-20~30℃となるらしいので、ある程度準備をしないといけない。(外国人立ち入り禁止だが)

 

因みに東チベット旅行最後の街となったカンゼにあるゲルク派僧院カンゼ・ゴンパには美しい立体曼荼羅や仏像達を多く見ることが出来る。

以上のように東チベットは氷点下にもなる場所もあるので、基本的に厚手・重ね着スタイルで旅をした方がベストだ。

 

【東チベットを旅する時に着ていくものとは?】

以下は東チベットを旅した時の寒さ対策に着ていった服装の内容だ。

 

■民族衣装

ネパールで購入したチベットの民族衣装で裏地付の防寒使用になっている。

因みに世界的に美しい事で知られるチベットの民族衣装はこちらで販売している。

 

民族衣装屋『カイラス

 

■厚手のセーター

イギリス製の厚手のセーターで軍やハンター等が使っているもの。

ボクは古着屋で買ったが、丈夫で暖かいミリタリーセーターは上野にある老舗ミリタリーショップ『中田商店』で買うことが出来る。

 

■防寒インナー

防寒使用になっているインナーでズボンの下にはくもの。

特に足は冷え込みやすいので、裏地付のものを履いていった(ラダックに行った時、これを履いていけば良かったのにと後悔している(笑)

■厚手の靴下

意外に見落としがちなのが靴下で、基本的に歩きがメインとなる東チベット旅行では靴下はかかせない。(ゴンパ等へ行く場合、徒歩が多い。)

そこでボクはパイルソックスという厚手の靴下を履き旅をしたのである。

 

といった感じだがチベットの寒さをあなどっていると現地到着時、後悔する事もあるので、出発前にしっかり着て東チベットの旅をして欲しい。

Eメール *

【絶景】東チベットの巨大湖『カサル・ツォを見た!』

 

東チベット・・

 

そこは雄大な大草原があり、カムパと呼ばれる遊牧民が住む場所であり、チベット自治区より東側に位置する地域だ。

ボクは仏教美術が好きで何度もチベット文化圏を旅しているが、東チベットという場所ほど大自然を感じた場所はなかった。

そして、チベットで花開いた美しいチベット仏教美術(仏像や壁画等)が沢山あり、高額なツアー料と許可証が無いと行けないチベット自治区とは違う魅力があった。

ただし、タクシー移動がメインのかなりハードな旅になるが。

 

【冬の東チベット】

ボクが初めて東チベットを旅したのは冬真っ只中の1月の事だった。

この頃になると、新緑美しい大草原は枯れ果て、一面がはげ山のようになる。

 

しかし、こんな寒い中でも、熱心な仏教徒は聖地を巡る為、五体投地ではうようにしながら巡礼の旅をしたり、ヤクの群れを率いるヤク使い達が道路を横断したりしている。

 

そんな日本では絶対に見ることが出来ない光景を乗り合いタクシーの中でボクは度々目にしていた。

 

これが東チベットなのか・・

 

近代的な街並みと通勤ラッシュ等で賑わう日本の姿とは、かなりかけ離れている光景だ。

 

そう、それは正に、時代から取り残された中世のようだった。

 

ボクはこの東チベットの旅の目的地を初め、巨大寺院アチェンガル・ゴンパにしていたが起点となるカンゼで色々あり、カンゼが目的地となってしまったが、それでもボクは満足だった。

カンゼに行くためには最寄りの町タンゴから、乗り合いタクシーで3時間程度で到着するが、道中『カサル・ツォ』と呼ばれる美しい巨大な湖があり、そこをタクシーは通るので絶景のビュースポットとなっている。

 

カサル・ツォにはタウやタンゴの町で見かけるカサル飯店(ホテル)等の元締めであるカサル・リンポチェがいる僧院があり、湖畔ではチベット人達のピクニックスポットだ。

ボクは、この巨大湖を乗り合いタクシー越しでしか見ることが出来なかったが、恐らくカサル・ツォに行く場合タンゴの町でタクシーをチャーターして行く事がベストだろう。

また、新緑鮮やかな春になれば美しい緑色の山々に囲まれたカサル・ツォが旅人の目を楽しませてくれるはずだ。

■東チベットの物価等についてはこちらの記事を参考にしてほしい。

【注目】東チベット旅行に行ったら以外に費用がかかった∑(OωO; )何故!?

ボクの旅のメインはチベット仏教美術を見るためゴンパ(僧院)巡りを基本としている。

きっかけはインド・ラダック地方で美しいチベット仏教美術に触れ、文化を知り、チベット人達の優しさを知ったからだ。

そのおかげで後にネパールでチベット仏教画の修行に出る事になったが、ボクは宗教美術関係だけでなく、カサル・ツォのような大自然を目にする事も大好きだ。

 

因みにボクが1番行きたいチベットの大自然は聖山として崇められるカイラス山で、西チベットの奥地にある。

カイラス山はツアーでしか行く事が出来ず中々目にできない秘境中の秘境。

 

ボクは言った事は実現しようと努力するタイプの人間なので、いつかきっと行けると思っている。

 

【カサル飯店】

カサル・リンポチェが元締めであるカサル飯店系列のホテルは沢山あるが、実際に泊まってみると、シャワーのお湯が出なかったり、テレビがつかなかったり・・

 

という事がよく起きる(東チベットのホテルは大概そういうホテルが多かった。)

 

ボクが泊まったのはタンゴにあるカサル飯店で1泊120元。

 

外国人なのでパスポートのチェックとスタッフによる記入があった(ホテルの中には確認されない所もある)

*東チベットのホテルは外国人可能なホテルと不可なホテルがある。

 

このようなカサル飯店系列のホテルが沢山あり、タンゴにあるカサル飯店の駐車場からはカンゼ行きのバスが発車している。

 

また、ホテル近くを歩いていると乗り合いタクシーの運転手に声をかけられるので目的地を告げれば、人が集まりしだい行ってくれる。

 

因みに東チベットのホテルで1番酷かったのはラガン・ゴンパがある小さな田舎町のラガンで、まさかのトイレが無いというホテルもあった!

【秘境】中国・東チベットのホテル・トイレ事情『衝撃バケツ事件!』

東チベットの旅は乗り合いタクシーやバスを活用しながらの旅になり、ハードだが、それでもとっても想い出深い旅になると思うので一度行ってみてほしい。

Eメール *

『聖地カイラス・ヒマラヤ紀行』チベットに広がる大自然とは?

広大な大草原、神々しささえ感じる雄大な山々・・。

チベット旅行すると、そんな大自然を見ることが出来る。

また、チベットには大自然だけでなく、欧米などの先進国では絶対に見ることが出来ない独特な宗教文化やチベット人の優しさを感じることが出来る『大秘境』だ。

ボクは、そんな“チベット”の自然や文化に惚れ込みチベット文化圏完全制覇を目指す旅人だが、今回は大自然をメインに記事を書いてみた。

 

【チベットの大自然】

一般に『チベット』と言えば大草原を思い付くかもしれない。

 

確かにチベットには大草原が広がり、遊牧民の姿や五体投地で聖地を目指す人々を見ることが出来る。

 

しかし大草原だけでなく、標高3000メートルを越えるヒマラヤ山脈や、山々に頂く聖湖、チベット文化圏にしかない高山植物などがある。

ボクは、そんな大自然を見ていると、いつも思うのだがチベット文化圏に広がる独特な宗教文化はヒマラヤ山脈等の広大な山々に人々が畏怖し、それを崇めてきた事で『宗教』という文化が根付いてきた結果なんだろうと思う。

 

では、チベット人が畏敬の念を抱く『チベットの大自然』には一体どんなものがあるのか?

 

一緒に見ていこうと思う。

 

【聖山カイラス】

カン・リンポチェ(尊い山)とも言われる四つの宗教(チベット仏教、ヒンドゥー教、ボン教、ジャイナ教)における聖山で、西チベット奥地にそびえ立っている。

カイラス山はチベット仏教においては、仏教の宇宙観を体現した山であり、大日如来そのものなのだ。

 

また、ヒンドゥー教では破壊神シヴァ神の住まう山であり、ジャイナ教においては開祖が悟りを得た山とされる。

 

得体の知れない雰囲気を持つカイラス山は、初めてその存在を知ってから夢の中で何度も登場した聖山だが、実際に行くためには高額なツアー等(個人旅行不可)で行く事しか出来ず、中々お目にかかれない、正に『大秘境』だ。

五体投地を行いカイラス山を巡礼するチベット人『宇宙の中心、須弥山へ』

【東チベットの大草原】

特定の観光スポットという訳では無いが、東チベットと呼ばれる地域には心が洗われる位、美しい大草原が一面に広がっている。

そしてチベットの遊牧民の姿やヤク使い、モンゴルのゲルのようなテントがあったりと大草原ならではの世界が東チベットにはあるのだ。

東チベットというのは四川省西部のチベット地域(カム、アバ)や青海省(アムド)等に広がる地域で、チベットがまだ国だった頃の東部を指している。

 

また、『秘境』というイメージが付き物のチベットだが、この東チベットにおいては自治区に行くために必要な許可証等が不必要で日本から簡単に旅行出来る事が魅力な所。

 

日本~成都~チベットエリアまで、僅か15、6時間程度で大自然広がるチベットエリアに行ける事から、日本から最も身近な『秘境』だと思う。

 

因みに東チベットには『カサル・ツォ』と呼ばれる巨大な湖があり、地元住民のピクニックスポットとなっている。

【絶景】東チベットの巨大湖『カサル・ツォを見た!』

【雄大なヒマラヤ山脈(ネパール・ラダック)】

ヒマラヤ山脈が連なるネパールもチベットエリアであり、首都カトマンズに行けばボダナートやファルピンといったチベット仏教の聖地等がある。

ボクはネパールが好きで何度も行くが、ネパールを有名にしているのは聖地よりも、やはりヒマラヤ山脈へのトレッキングだろう。

 

その代表格がエベレストやアンナプルナであり、世界中のトレッカーが絶景求めて雄大なヒマラヤを登るのだ。

 

また、カトマンズ真北、チベット国境近くにあるランタン国立公園には美しい大自然が広がり、数多くの高山植物を見ることが出来る。

 

こういったトレッキングスポットに行く場合、カトマンズで入域料を払ったり、許可証を発行して行く事になる。

 

ヒマラヤトレッキングはネパール以外にもインド北方のラダックと呼ばれる地域にも存在する。

 

ラダックは“チベットよりもチベットらしい”と言われる位、文化大革命で破壊されたチベットよりも、仏教寺院が数多く残り、仏教美術の宝庫である。

このラダックをトレッキング目当てで訪れる場合、基本的には6月上旬~9月中旬までで、冬になるとトレッキングルートは雪に閉ざされ通行不能になってしまうのだ。

 

ラダックでトレッキングをする場合、旅行会社に依頼し、ガイドやコック等を手配して行く事になり、高額になりやすいが複数で行けば安く済む事が出来る。

また、トレッキングでも訪れる事が出来るツォ・カルやツォ・モリリは標高4000メートルを越える高地にある巨大な湖で、ラダックの大自然を肌に感じることが出来る。(ツォ・カル等があるエリアへは許可証を発行して行く事が出来る。)

 

ラダックのさらに奥にあるザンスカールというエリアには『チャダル』と呼ばれる1月中旬~2月下旬にしか行く事が出来ない幻の道があり、凍結したザンスカール川を歩く事が出来る。

 

このようにヒマラヤトレッキングはネパールやラダックで行う事ができ、日本では絶対に見ることが出来ない美しい大自然を見ることが出来るのだ。

【インド秘境の地】ラダックで寺院巡りやトレッキングする方法とは?

チベットには、仏教寺院以外にもこういった雄大な山々や心洗われる大草原等、様々な大自然を感じられる旅も出来るので窮屈な日本社会に疲れたら一度チベット文化圏に旅をしてみてはどうだろうか?

Eメール *

チベットのテレビ番組の実情『メディアは中国の戦略?』

海外のテレビを観ると、そのお国柄が判るなんて事はある。

例えばネパールは信仰心厚い人が多いせいか宗教関係の番組やヒンドゥー教の神様クリシュナを主人公としたアニメがやっていたりする。

ボクは昔からテレビっ子で今も一日中テレビを付けながら絵を描いているなんて事がよくあるのだが、海外に行くときも同じで、ホテルに戻るとテレビを観て過ごすなんて事はよくあることだ。

ボクはチベット文化圏を旅する画家で初めて『チベット』を旅出来たのは2017年の1月の事。

だがボクが行ったのはラサがあるチベット自治区ではなく、俗に東チベットと呼ばれる四川省西部辺境の地だ。

 

東チベットには大平原が広がり、美しいチベット仏教寺院や色鮮やかな民族衣装を着たチベット人の姿を目にする事ができ、初のチベットはボクに感動を与えた。

そして寺院を見学した後、ホテルに戻ってくるとテレビを付け、ブログを書いたり本を読んで一日を過ごす・・

 

それが東チベットの旅の毎日だった。

 

【東チベットで放送されていたテレビ番組】

中国のテレビ番組でボクがよく観ていたのはカンフー映画だった。

言葉が判らないボクにとってカンフーで敵と戦う映画は面白かったし、映画ばかり放送しているチャンネルがあるため、一日観ていても飽きない位だ(日本でもBS以外でやればいいのに・・)

 

因みに、こういう映画専門の放送局はネパールにもあり、ワーナーマイカルの映画を専門に扱っているものがあった。

 

例えばマトリックスやハリーポッターなどの有名な映画から、日本で観たことのないようなマイナーな映画まで様々。

 

映画の次に観ていたのはアニメだったのだが、どう観ても日本のパクリ?

 

と思えるような番組が多く、キャラクターのタッチも何処か日本的で可愛い感じ。

CGアニメも発達していて、確かトランスフォームする車みたいのが敵と戦うアニメがやっていたが一日に何回もやるくらい人気のアニメなんだろう。

 

また、反日感情を煽るような戦争ドラマがある一方、夜11時位になると日本の番組が普通に放送されているなんて事がある。

 

ボクがみたのは香取慎吾と金チャンの仮装大賞で、中国語で吹き替えと審査員の名前が中国語に変えられていたが、内容はそのまんまだった。

 

そして放送されていたのは中国人向け番組ばかりでは無く、チベット人向け番組がやっていた事だ。

 

その番組が放送されているチャンネルでは他の番組とは違い、全編チベット語で放送され、チベットの伝統舞踊やチベットの現在の様子、政治的な事を放送されていた。

恐らくチベット人に配慮された番組で東チベットの食堂に入ると、こういうチベット人向け番組が流れているのだ。

 

ただ番組を観ている中、気になったCMがあった。

 

それはチベット人を初め、他の少数民族達が手を取り合い、みんなが中国の一部である。

と語っているようなCMだった。

だが、ボクには違和感を覚えた。

チベットの歴史を見れば分かるとおりチベットは中国に侵略され、現在はチベット自治区やら自治州として分断されてしまっている。

 

当然、ウィグルや内モンゴルと同じように独立を唱えるチベット人も多く、共産党に抗議する為、抗議の焼身自殺をするチベット人も多い。

彼らの背景には中国によって宗教の自由や就職の自由が制限されていたり、共産党が掲げる同化政策によってチベット文化が抹殺されようとしている事が背景にある。

 

だからボクには、みんなで手を取り合うCMはボクには違和感しかなく、プロパガンダ的にしか映らなかった。

 

何故ならチベット人は自分たちの事を中国の一部だなんて考えていないし、環境に耐えられないチベット人はインドやネパールに亡命するしかない。

それがチベットの現状であり、彼らの実情を把握しているからこそ、チベット人向け番組が放送されているのでは無いだろうか?

 

と思っている。

 

そして抗議や亡命を止めさせるべくメディアを使い、チベット人を掌握しようとする中国共産党の思いみたいのをボクは番組を観て思うのだった。

Eメール *

【秘境】大自然広がる景色!中国・東チベットの写真撮影ポイントとは?

ボクは海外に行くと必ず写真をとるが、中でも感動的だったのは中国の秘境『東チベット』だ。

東チベットには巨大なチベット仏教寺院の数々、美しい仏教美術や心洗われる大草原。

 

見るもの全てが感動的で、日本で見ることが出来ない非日常世界が広がっていた!

 

そんな東チベットの写真をボクの体験談と共に紹介しようと思う。

 

【広大なチベットの大草原】

ボクが行ったのは東チベット・カムと呼ばれる地域で、大草原が広がり遊牧民や五体投地で祈りを捧げる人々をよく見ることが出来る場所だ。

 

東チベットまでは成都から車で6時間程度で行け、その始まりは康定(カンディン/ダルチェンド)という場所。

 

カンディンは中国とチベットの間にあるせいか中国文化とチベット文化が混ざり合ったような場所で、一見温泉街のようにも見える。

ただ周辺にはチベットの神々が彫られた岩山やマニ車(経が入った筒)、チベット仏教寺院があったりする。

この写真はンガチュ・ゴンパ

 

ダライ・ラマが北京に向かった時に滞在したゲルク派寺院だが、壁画がプリントで残念な姿だった。

 

カンディンから先に大草原があり、遊牧民のテントがあったり、正に絶景と言える光景が広がっているのだ。

ただボクの旅のメインは絶景の写真を撮りに行く事では無く、仏像や壁画を写真に収めること。

ボクはチベット仏教の絵を描いていて、そのインスピレーションを得るために東チベットに行く事になったが、他のチベット文化圏の国々に無いような巨大な仏像や壁画などがあった。

 

【様々なチベット仏教寺院】

東チベットと言えば巨大僧院ラルン・ガル・ゴンパが有名だが、外国人立ち入りの僧院で公安に発見されれば追い返される事もありボクはラルンガルに行く事は無かったが、東チベットには数多くの寺院がある。

*2017年現在ラルンガルはラサ同様、僧侶達を追い出し共産党が支配しているという情報もあるため、ますます行くのは難しいだろう。

 

例えばラガン・ゴンパ

 

カンディンから程無い場所にあるラガンという小さな町にあるサキャ派寺院だ。

有名なものはチベットで最も神聖とされる、ラガン・ジョウォと呼ばれる仏像だ。

だがボクは何も知らず写真を撮ったのだが写真NGだったみたいで近くにいた僧侶から

 

「マレイ!(No!)」

 

と言われてしまった!

 

写真撮影してしまったが禁止なのであしからず。

 

だがラガン・ゴンパはこの他にも美しい壁画や仏像があるので必見だ。

 

誰もいなかった為、色々写真を撮ってきたが大丈夫だったのだろうか?

 

本堂にある獣面のヴァシュラハイラヴァやサキャ派の代表的尊格へーヴァジュラの壁画。

また巨大な十一面観音の仏像やチベットの女神達の壁画もある。

サキャ派の護法神、文殊大黒天の壁画

数ある大黒天の図像の中で、最も慈悲深いとされる白色如意宝珠大黒天

このような美しい壁画や仏像の数々を見ることが出来るのもチベットならでは。

 

ため息が出るほどのラガン・ゴンパのチベット仏教美術の数々をもう一度見たい為に、カンゼの帰りにラガンに立ち寄るのだった。

 

ラガンは本当にオススメなので興味のある人は立ち寄ってほしいと思っている。

 

ただ、ラガンのホテル事情は余り良くないので注意が必要だ。(特にトイレが)

【秘境】中国・東チベットのホテル・トイレ事情『衝撃バケツ事件!』

カンゼに向かう途中にタウと呼ばれる町がある。

 

観光スポットと言えばタウの繁華街から離れた場所に巨大なチョルテン(仏塔)や街の中心地ニンツォ・ゴンパだ。

白亜の美しいチョルテンの周りには数え切れない程のマニ車があり、チベタンがクルクルと回す姿を見ることが出来る。

チョルテン隣にはチベット寺院があり、幾つもの仏像が並べられボクは誰にも止められなかったので写真を

 

 

撮った!撮った!撮った!

 

東チベット始めチベット文化圏の国々はインスタ映えするような場所が多いように感じられる・・。

カンゼ州の名前にもなっているカンゼ(ガンズー)に入ると公安の数が突然多くなり、チベット情勢の不安定さを垣間見られる町だ。

因みにダンゴからカンゼに向かう道中にはカサル・リンポチェの仏教寺院があるカサル・ツォと呼ばれる巨大な湖が山あいから見る事ができる。

カンゼには千体はあろうかという仏像の数々がカンゼを見下ろす丘の上に立っているカンゼ・ゴンパにあるのだ。

また写真をとっていいらしく、僧侶達が見守る中ボクは写真を撮りまくったが、一応五体投地をして信仰心に敬意を示した。

チベット仏教カルマ・カギュ派における詩聖ミラレパと祖師達の仏像。

立体曼荼羅があるカンゼ・ゴンパまでの道のりについては、こちらの記事を読んで欲しい。

幻の1,000体仏像を探しに東チベットへ。『カンゼで見た荘厳な神々の世界』

チベット人にとって仏教はとても大切な存在で、生活の中心になっている心の支えのようなものだ。

 

最近では一部中国人観光客によるマナー違反の数々がチベット各地で見られるが本当に心が傷む。

 

日本人も中国人に見られないように写真を撮る際もマナー違反しないように心掛けたい。

 

彼らの宗教心に気を使えば、気持ちいい旅を大草原が広がる東チベットで旅出来るので、一度はこの地に行ってほしいと思っている。

Eメール *

隠れたチベット美術スポット『東チベット・ラガンにある曼荼羅世界』

東チベット・カム地方にあるラガンという小さな町程、美しいチベット美術がひしめく曼荼羅世界をボクは知らない。

ラガンという町は東チベットの康定(カンディン)からバスで三時間ほどで到着する小さな田舎町だが、ラガンにあるサキャ派僧院ラガン・ゴンパにはチベットで最も聖なる釈迦像と美しい壁画があり、仏教美術の曼荼羅世界を形成している。

チベットは世界的に見ても美しい仏教美術が多くあり、ボクはそんなチベット仏教美術に惚れ込み旅をして、日本に帰るとインスピレーションを得た事をキャンバスにぶつけて絵にするのだがラガンはボクの脳を大いに刺激した。

 

【康定~ラガンへ】

康定を朝8時過ぎに出発したボクはチベット人達と一緒にバスに揺られること三時間。

 

 

チベットの山々に囲まれた田舎町ラガンに到着。

 

 

カンゼ行き?のバスを途中下車したボクは早々にゲストハウスにチェックインするとラガン・ゴンパに向け足を伸ばした。

 

ラガン・ゴンパは町の目抜き通りすぐそばにあり、近くにはタクシー乗り場があった。

 

 

康定の次に見るチベット仏教寺院。

 

 

やはりここはチベット。

 

 

美しい門構えがある寺院は巨大で、本堂、ジョカン堂、ラカン(尊格を祀る御堂)の三つがあり、チベット人巡礼者が数多くいた。

ボクはまずするチベットで最も聖なる釈迦像があるジョカン堂に入ると何人かの巡礼者がコルラ(時計回りに回る事)していて、彼らは何度も釈迦像に祈りを捧げていた。

 

【ラガンの神聖なる仏像】

ジョカン堂にすぐ入るとある釈迦像は、チベット仏教美術の粋を集めたと思うくらい美しく、何とも神々しかった。

ボクはこういう仏教美術を見るとチベット人の信仰心の大きさと伝統技術の素晴らしさを実感するし、絵師目線でいえば絵のインスピレーションの恰好のターゲットなのだ。

 

 

やはりチベット仏教美術は美しい・・。

 

釈迦像の周りは美しい壁画や仏像が沢山あり、チベットの曼荼羅世界を作っていた。

 

例えばゲルク派の開祖ツァンカパを頂く集会図やマハーカーラの壁画、千手観音や沢山の祖師像、ターラ菩薩の仏像達・・。

ボクは美しさの余り何度もコルラし、巡礼者の邪魔にならないよう時間をかけて見学した。

 

 

凄い・・

 

 

時間をかけて東チベットに来たかいはあった・・。

 

と心に思っていたが、更なる感動が本堂に待ち受けていた。

 

【御堂ごとに壁画のタッチが違う】

本堂は門をくぐると、すぐ目の前にある巨大な御堂で、中には大きな釈迦像が鎮座していた。

早速コルラするとジョカン堂とは違う雰囲気の壁画が数多く描かれていた。

 

よく見てみると、中々お目にかかれない尊格ばかりで、カッパーラ(頭蓋骨の杯)を持つサキャ派の代表的尊格へーヴァジュラやチベット仏教で最も異形なヴァジュラハイラヴァの壁画があった。

ヒンドゥー教の破壊神シヴァのイメージを元に創られた尊格チャクラサンヴァラもあったが、壁画には布が掛けられていた。

このような尊格に布を掛けられた状態のものはラダックでも見かけた事がある。

 

ラダックのスピトク・ゴンパにあるゴンカンにあるヤマーンタカ像にも布が掛けられていた。

 

実はこれ、尊格が放つ力が強すぎるため布を掛けているのだ。

 

 

確かに・・何か異様な雰囲気を放っているのは、何だか伝わってくる。

 

因みにスピトクでボクは布が掛けられている仏像に向かい何度も五体投地を繰り返した。

 

信仰心の無いボクだがチベットを旅すると、思いがけない行動をしてしまう事がある。

 

美しい仏教美術や文化と出会うのがチベット旅行の魅力であり、ボクは彼ら文化に敬意を払う意味でも祈りを捧げたのかもしれない。

 

 

ボクはラガン・ゴンパ本堂で祈りを捧げると千手観音があるラカンに行った。

 

 

ラカンには布のような物が仕切られ、何故か仏像の台座部分が外から見えなくなっていた。

だが台座に近づくと、その理由が判明した。

 

そこにはチベットで禁止されているダライ・ラマの写真が掲げられていたのだ。

 

チベットでダライ・ラマの写真を持ってると公安に逮捕されるかも知れないチベットの恐ろしい現状だ。

だが政府が禁止してもチベット人の信仰心の高さとダライ・ラマへの敬意は揺らぐことは無い。

 

だからこそダライ・ラマの写真を掲げられていたんだと思う。

 

そしてその写真の上には巨大な千手観音があり、ボクの事を見下ろしていた。

天井には曼荼羅のような天上画が幾つも描かれ、手の込んだ造りになっている。

この千手観音がある御堂にも壁画や仏像が幾つもあり、何とも美しかったが、ボクはある事に気が付いた。

 

三つある御堂、全て壁画のタッチが御堂ごとに違うのだ。

 

多分壁画を描いた絵師が、それぞれ違うのだろうが、こんなにタッチが違うのは中々他の寺院で見ることが出来ない。

 

でも、だからこそこのラガン・ゴンパの魅力であり隠れたチベット美術スポットなのだ。

 

ラカンにある壁画は本堂の荒々しい神々ではなくターラ菩薩や釈迦如来、白傘概仏母といった柔和な尊格が多いように感じられた。

壁画はどれもこれも、手が込んでいて、細かい所をよく見られるし絵師としては土手も勉強になった。

チベットには、このような美しい壁画があるチベット仏教寺院が沢山あり、東チベット・カム地方を旅した中でラガンは最も美しかった。

 

ボクはこのラガン・ゴンパが好きになりカンゼの帰りにもう一度立ち寄ったが、ある失敗をしてしまう。

 

 

例の釈迦如来像を撮ったのだが、撮影禁止だったらしく注意されてしまった!

 

 

まぁ、こんな失敗も時々ある。

 

 

ボクは人見知りで中々現地の人に声をかけて撮影していいか?

 

 

と声をかけられないが、やはり声をかけた方がいいだろう。

*実は以前にも別のゴンパで失敗した事がある。その時の注意店

旅行者がチベット仏教寺院で気を付けたい5つのポイント

チベット人は何より宗教を重んじる民族だからであり、彼らの事を理解した上で見学した方がいいからである。

 

 

そんな信仰心が色濃いチベットには様々な出会い、仏教美術、文化があり日本とはまるで違う・・

 

 

そうチベットは絶対的な非日常世界なのだ。

 

翌日ボクはラガンを離れ巨大チョルテンがあるタウに向かう事になる。

光り輝く白亜の巨大ストゥーパ『東チベット・タウで見た巨大な信仰心の形』

Eメール *

チベット自治区以外で個人旅行できるチベットエリアとは?

チベット自治区に行くためには中国政府が発行する特別な許可証(パーミット)と旅行会社が主催するツアーに参加しないと行く事が出来ない為、現在チベット自治区への個人旅行は困難な状況だ。

しかしチベット自治区ではないが、チベットへ個人旅行する事は可能という事を知っているだろうか?

チベットには非解放区と解放区という区域が存在し、いわゆるツアーでしか行けないラサやギャンツェがあるチベット自治区、カイラス山やチベット発祥の地グゲ遺跡がある西チベットを非解放区

東チベットのカム、アバ、アムドといった中国四川省や青海省に組み込まれたチベットエリアを解放区に分類される。

その為、チベットに個人旅行したい場合、東チベットへ行く事をオススメしている。

 

とは、言ってもチベット自治区じゃないから雄大な山々や仏教美術が無いんじゃ無いの?

 

と思われるかも知れないが、そんなことは無い。

 

近年有名になったラルン・ガル・ゴンパも東チベットであるし(2017年現在立ち入り禁止だが)アムドにはゲルク派の巨大僧院タール寺もある。

 

東チベットには日本では知られていない秘境の地がまだまだ沢山あるという訳だ。

 

ボクは、そんな秘境の地チベットにハマり東チベットやネパールやラダックといったチベット文化圏の国々を旅しているが、その理由は・・

 

チベットの文化、美術が大好きだからだっ!!(≧∇≦)b

 

チベットには日本で体験する事が出来ない圧倒的な非日常世界があり、チベット人が祈りの為に訪れるゴンパには美しい仏像や壁画があり、仏教の絵を描いているボクにとっては最大の学びの場なのだ。

だからこそボクは日本でお金が貯まったらチベット文化圏の国々に行き“非日常世界への旅”を何年も繰り返している。

 

さて前置きが長くなってしまったがチベットに個人旅行する場合東チベットをオススメすると言ったが、そもそも東チベットとはどういう所なのだろうか?

東チベットを構成するチベットエリアを一つ一つ紹介しようと思う。

 

【カム(四川省カンゼ州)】

一般的に東チベットと行ったらカムを指すが、カムへ行くためには四川省の省都成都からバスで6時間かけていくと、東チベット始まりの街カンディンに到着する。

そしてカンディンを越えると雄大なチベットの山々がそびえるチベットエリアに入り、ようやくチベットに来た!!

 

と実感するはずだ。

 

カムにはラルンガルを初め、アチェンガル・ゴンパやカンゼ・ゴンパ等美しいゴンパが沢山あったりチベット自治区とは違う色鮮やかな民族衣装をまとったチベット人が多いのも特徴だ。

 

彼ら(男性)の事をカムパといい、頭に赤や黒の布をターバンのように巻いたダシェーという髪飾りが特徴だ。

 

またカムパはどいつもこいつも巨大で、まるでレスラーのような姿に驚いた事があるが、彼らは最後まで中国に抵抗した勇猛果敢な男達なのだ。

カムがある四川省に行くためには日本から直行便があり、僅か6時間余りで到着する。

特に四川航空はオススメで往復35000円と安いためチベット、四川旅行する場合この航空会社を利用した方が良いだろう。

 

【カムの観光スポット】

■ラルン・ガル・ゴンパ

近年TV等で紹介され有名になった、このお寺は東チベットで絶大な人気を誇るケンポ・ジクメによって建設されたチベット最大のニンマ派僧院で、まるで宗教都市のような姿だ。

だが巨大化してしまったせいで当局の監視対象となり、ラルンガルの破壊を行う等暴挙を度々行っているせいで外国人が立ち入り禁止になりやすい寺院だ。

ラルンガルに行く場合、セルタから行くのが基本だが検問所があるため、そのままラルンガルに行くのは難しい。その為、旅行者は公安がいない深夜に出発するなどしてラルンガルに行くのだが運があるため、行くのは難しいだろう。

 

■アチェン・ガル・ゴンパ

ラルンガルに行けない場合、旅行者が行くのはアチェンガルだ。

アチェンガルもラルンガル同様巨大な寺院でカンゼからバスで四時間余りで到着する。

 

ただアチェンガルは犬が多く、犬嫌いにはオススメできない観光スポットだ。

 

ボクも犬が苦手で恐怖を感じているため、東チベットに行った際アチェンガルに行かなかったが、いつかは行こうと思っている。

ただ犬はヤバい。ヤバいからチベット旅行する場合注意が必要だ。

噛まれたら狂犬病になる可能性があるため、そのリスクを減らすためにも犬がうじゃうじゃいる所に訪れないのも一つの方法だ。

 

■カンゼ・ゴンパ

カンゼ州の名前にもなっているカンゼにあるゲルク派僧院。

カンゼゴンパには千体はあろうかという仏像があり、信仰心の無いボクでも五体投地を繰り返してしまう位圧巻だ。

この他にもラガン、タウ、タンゴ、ニャロン、デルゲ、ペユル等カムの町々に様々なゴンパが存在する。

 

【アムド(青海省・甘粛省)】

アムドは大草原が広がり、遊牧民が多く、ゲルク派の開祖ツァンカパやダライ・ラマ14世の出身地がアムドで、ゆかりの寺院が沢山あることで知られる。

■ラプラン寺

甘粛省甘南チベット族自治州にはラプラン寺というゲルク派六大寺があり数多くの僧侶が学んでいる。

 

巨大な寺だけあって、1年を通し、様々な行事が開催され大タンカ開帳やチャムが開催されたりしている。

 

チャムというのは僧侶による仮面舞踏祭の事で、神々の面をつけた僧侶が境内を舞う姿は圧巻だ。

ボクはラダックのマト・ゴンパでチャムを見た事があるが、面をつけた僧侶達が登場すると、辺りは異様な雰囲気に包まれ異次元の世界に入り込んだような錯覚になってしまうくらい、美しくチベットを象徴する祭りだと思う。

 

■タール寺

ゲルク派開祖ツァンカパによって建てられた巨大僧院でゲルク派六大寺院の一つ。

 

ツァンカパは密教と顕教(開かれた教え)の統合を図り、乱れていたチベット仏教を宗教改革を成し遂げたスターである。

 

個人旅行出来るチベットエリアはアムドやカムの他、伝説の理想郷シャングリラがある雲南省の一部や四川省北部にある世界遺産『九寨溝』があるアバといった広い範囲があり、様々な特色を持つチベット文化を各エリアごとに見ることが出来るため、何度行っても飽きる事は無いだろう。

 

【東チベットからチベット自治区へ行く事は可能?】

東チベットからチベット自治区ラサに行く場合、2006年に開通した青海鉄道で行くか各チベットエリアからラサ行きのバスに乗りチベット自治区に行く方法があるが、許可証の提示が必ず行われるので、やはり個人旅行は難しいだろう。

ただタウにある外国人経営のゲストハウスに行った際、オーナーから

 

「ラサに行くのかい?」

 

と声をかけられたから、やはりチベット自治区へ行く旅行者が少なからず存在するのだろう。

その場合、恐らく闇バスに乗ってチベット自治区に行くのだと思うが、検問に発見されれば、追い返されてしまう為、運が必要なのかも知れない。

また同乗者がいれば、彼らも一緒に追い返されてしまう為、迷惑がかからないためにも東チベットなどの解放区エリアを旅する事をオススメする。

Eメール *

海外秘境旅行するのならチベットに行くべき3つ理由

海外には秘境と呼ばれる地が幾つもあるが、秘境旅行するのなら“世界の屋根”チベットが本当にオススメです!

信仰心厚い人々、独特な宗教、チベットに広がる大自然。

秘境チベットにしかない仏教文化や大自然がそこにあるからこそ旅人は昔からチベットに憧れているのだと思う。

 

ではチベットとはどういう所なのか?

 

何故、海外秘境旅行するのならチベットへ行くべきなのか?

 

その理由を3つ上げようと思う。

 

【チベットって何処?】

一般にチベットとというと世界遺産があるラサがあるチベット自治区や西チベットを指す。

チベットは1950年代に始まった毛沢東による文化大革命により侵略され、政治的指導者ダライ・ラマがインドへ亡命したことにより中国に組み込まれて、現在のチベット自治区になった。

そんなチベットだが、旅行者がチベットへ行こうとすると様々な制約等があり簡単にラサ入りする事が出来ない状況だ。

*チベットに行くために必要なパーミットと呼ばれる許可証が昔から廃止されると言われているが2017年現在予定は立っていない模様。

そんな理由で簡単に行けないチベットだが、チベット文化が広がる国、地域はチベットを中心に幾つもある。

 

例えばエベレストがある『ヒマラヤの国』ネパール。

カトマンズに行けば旅行者が沢山見かけ、物価も安いことからバックパッカーの聖地とも言われている。

ボクは何度もネパールに行ったことがあるがヒンズー教や仏教といった宗教美術が幾つもあり、その美しさに惚れ込みチベット仏教の聖地ボダナートでタンカ(仏画)修行をした経験がある。

因みにタンカとは僧侶やチベット人が瞑想の為に描かれる仏画の事でチベット人は必ず1枚は持ち、仏間等にかけられている。

またネパールはトレッキングの宝庫でエベレストは世界的に有名であり、ムスタンと呼ばれる地にはネパールの中でも秘境と呼ばれる地で、許可証や高額な料金を支払わないと行けない事から簡単に行くことは出来ないが美しいチベット文化が広がっている。

 

インドの秘境ラダック地方には中国政府によって破壊されようとしているチベット文化が残され、今でも文化が活きている地だ。

また宗教美術が多く残されている事からチベット仏教美術の宝庫とも言っていい場所で、世界的に有名なアルチ寺には、チベット1、2を争うほどの美しい壁画がある。

そんなラダックだが冬になると飛行機でしかいけなくなり氷点下に達するので注意が必要だが、本当のラダックが見ることが出来るのかも知れない。

秋篠宮家の長女、眞子様がご訪問したブータンもまた、チベット文化圏の国々の一つでブータンが唱えた幸福論が世界的に有名だ。

ただブータン旅行しようとすると公共料金を一日ごとに支払いガイド付きで旅しないとダメなのだが、ブータンの文化を守るためなのだから仕方がない。

 

代表的なチベット文化圏の国々や地域を述べて見たが、この他にもまだまだ沢山ある。

 

ダライ・ラマとチベット亡命政府があるダラムサラ、遊牧民の国であるモンゴルやロシア自治共和国トゥバやブリヤードといった秘境国もチベット仏教を信仰している。

このようにチベット文化圏の国々は沢山あり、独自のチベット文化を有している為、何度行っても飽きることは無いのだ。

 

【親切なチベット人】

ではそんなチベットだが、何故オススメするのか?

 

1番の理由は何といっても人が優しい所だ。

 

チベット人は日本の真言宗にあたるチベット仏教を信仰し、その教えを元に日常を送っている、というより1年が宗教に絡みながら生活を送っているのだ。

だからこそ彼らは信仰心篤く、外国人にも親切な人たちが多い。

 

ボクはネパールやカンボジアで自称ガイドやボッタクリタクシー運転手と何度も出会ったが、チベット人においては、そのような外国人(特に日本人を)をカモにする人がいなかった事だ。

 

特にラダックでは、観光客が余り多くなく観光地化も他の国よりされていない為、外国人だからといって狙ってくるような人たちが皆無だった。

 

いや、むしろ逆でラダック人は皆親切で人懐っこく、ラダック旅行しても一つもイヤな事がなかった。

秘境と言われるチベットだが、そんな人々が多い為、ボクは何度も訪れているのかも知れたい。

 

【チベットの仏教美術】

 

秘境チベットと言えば仏教美術。

 

というほどボクにとってチベットは仏教美術を至る所で見ることが出来る生きた美術館で、ボクのように絵を描いている人には大変勉強になることが多い。

チベット人の信仰の場所ゴンパ(チベット仏教寺院)には美しい壁画があり、ゴンパごとに壁画のレベルも様々で、その一つ一つが違うためボクはチベット各地のゴンパを尋ね歩いている。

ゴンパの魅力は何といっても壁画だが寺院を支える柱や屋根、手すりといった様々な所にチベット伝統の装飾が作られチベット技術の粋を見ることが出来る。

またゴンパ内部には本尊が祀られているが仏像好きな、みうらじゅんもビックリするような妖艶で密教染みた仏像が鎮座している。

例えばラダックのスピトク・ゴンパにあるゴンカンと呼ばれる場所にはヤマーンタカという水牛の頭と幾つもの手を持つ仏像があり圧巻で、ボクは何度も五体投地をしてしまったという経験があるし、ティクセ・ゴンパには凛とした表情の弥勒菩薩の仏像がある。

チベット文化が無くなりつつあるチベットでも、やはり本土には美しい仏像が沢山あり他のチベット文化圏の国々では見られないようなチベット美術が沢山ある。

こういった宗教美術が沢山あるのはチベット人の信仰心の高さが関係しているのだろうが、彼らはの信仰心の高さが仏像や壁画、寺院を美しくさせていったに違いない。

そのチベット美術にはまりボクはチベットを意識した仏画を描き、その文化を知るために旅をしている。

 

【チベットの大自然】

チベットは標高3500メートルについて達する高地にあり、とても空気が薄く高山病になりやすい。

ただ日本では見られないようなチベットの山々が沢山あり、チベットに行けばきっと心が洗われるはずだ。

そんな高地には雄大なヒマラヤ山脈が連なり昔からチベット人は神として崇めてきた。

チベットの秘境中の秘境、西チベットの奥地にあるカイラス山は4つの宗教(チベット仏教・ヒンズー教・ボン教・ジャイナ教)の聖地とされ、簡単に行けることが出来ない為、旅人の憧れの的となっている聖山だ。

ただ、チベットの聖山はカイラス山以外にも雄大なエベレストや周辺の山々が神々として崇められ入山料を払えば容易にトレッキングする事が出来る。

 

ボクはトレッキングをする事があまりないが、もしも山中に行きたいと思うゴンパがあれば行ってみようと思っている。

 

ネパールにはトレッキングスポットが幾つもあるが、ラダックやブータンにもトレッキングスポットがあり山好きにはチベット文化圏はたまらない地なのかも知れない。

 

このようにチベットには他の国々にはない文化や自然が沢山あり何度もチベット文化圏の国々を旅しているボクとしては本当にオススメだ。

一度絶対的な非日常世界を体感すべく秘境チベットを旅行してみてはどうだろうか?

Eメール *

チベット仏像歴訪~チベット文化圏の仏像達

チベット文化圏の国々に行くと日本のシックで厳かな雰囲気の仏像ではない、煌びやかで、どこか装飾的な仏像達を拝観する事が出来る。

また日本の仏像とは違い、チベットの仏像の多くは古いものが存在せず、近年造られた新しい仏像達ばかりだ。

理由としては1950年代に始まった悪名高い中国によるチベット進行と文化大革命のせいでチベット人の心のよりどころであるゴンパ(チベット仏教寺院)が壊滅的なまでに破壊され続け、そこに有った数多くの貴重な仏像や壁画が失われてしまったからである。

 

実際ボクは東チベット・カム地方に行った事があるが、ゴンパは再建され綺麗に保存されていたが、そこで見かける仏像達はどう見ても新しいものばかりだった。

 

いや、もしくはただ再ペイントされただけだったかも知れないが・・

(チベットでは日本と違い、どういう訳か古くなると再ペイントしたりして綺麗にしてしまう習慣がある。)

 

ともかく、チベット本土に残っている仏像の多くは文化大革命後に造られた新しいものばかりばかりというのが現実だろう。

 

では古い仏像がチベット文化圏の国々にないかと言うと、決してそうでは無い。

 

特にインド北部ジャンムー・カシミール州にあるラダックと言われる地域にはチベット本土で失われてしまった古の仏教寺院に仏像や壁画、人々の文化が残っていて、チベットよりチベットらしいと言われる程だ。

その為かラダックは『インドの中の小チベット』と評されるが、実際に行ってみると、

 

ここはインドなのか!?

 

と思わずにはいられないくらいチベットらしい風景と仏教文化、仏像や壁画といったチベット美術が多く残されていた地だった。

世界の秘境インド辺境の地『ラダック』って何処?

【ラダック・イン・THE仏像ワールド】

ラダックには古い仏像が多く残されているが、恐らくラダックで1番有名なのはティクセ・ゴンパにある高さ15メートルにも及ぶチャンバ(弥勒菩薩)像ではないだろうか?

チャンバ像は数十年前に造られた新しいものだが、静観で親しみやすい仏像は人気で実際に見てみたが、とても大きく引き込まれる位美しかった。

*チャンバ像があるティクセ・ゴンパのチャムカンという御堂に入ると、直ぐ目の前にチャンバ像の巨大なお顔を拝観でき、細部まで見渡せる事が可能だ。

大仏と言えば、ティクセ・ゴンパの近くにあるシェイ・ゴンパにある釈迦如来の大仏も有名でチャンバ像同様、御堂に入ると、直ぐ目の前に巨大なお顔を拝観できる。

 

しかし必見なのは釈迦如来像の周りに描かれた壁画達で、古めかしい壁画ながら繊細なタッチで描かれ、感動を覚えるはずだ。

 

また空港近くにあるスピトク・ゴンパのゴンカンと呼ばれる御堂にはゲルク派の守護神ドルジェ・ジッチェンや数々の仏像が並び、異様な雰囲気をかもちだしている。

 

ボクはその雰囲気に飲まれ、五体投地を繰り返したという事がある・・。

 

レーから西に42キロほど行った所にあるバスゴという村には17世紀、チベット軍に占領された際、ラダック軍の最前線として重要な場所であった、この村にはラダックのナムギャル王朝時代に立てられたチャンバ像が祀っていたりする。

チャンバ像は他にもレーから西に60キロほど行った所にあるゲルク派のリキル・ゴンパにも約20メートルはある巨大なチャンバ像があり、毎年冬になると、このゴンパではチャムと呼ばれる仮面舞踏が行われる。

インドの中の小チベット『ラダックの仮面舞踏祭チャムでボクは神を見た』

古い仏像はラダックの中心街レーにもあり、レーのシンボル的存在の王宮内部にある小さな御堂の中には火災から身を護る白傘概仏母という女神像や金剛手等の仏像が鎮座している。

冬季はレー王宮内部は閉ざされているが、運が良ければ鍵番の人に頼んで貰って中に、入れさせて貰えるかも知れない。

因みにレー王宮は、かのポタラ宮のモデルとなった場所と言われ、ポタラ宮とよく似た姿をしている。

 

ただ内部は御堂があるくらいで、殆ど廃墟同然だ・・。

 

【東チベットの仏像達】

古い仏像がことごとく破壊されたチベットにも美しく存在感を放っている仏像達が多く存在する。

東チベット・カム地方に行って、1番印象的だったのはカンゼ・ゴンパにある1000体はあろうかという程、雛壇に密集された仏像群だ。

一つ一つちがう仏像でつくられ、光り輝いていたその姿は、何とも美しく東チベットに行ったら是非とも目にしてほしい場所だが、カンゼは中国に対する抗議の焼身自殺がよく起きたり、情勢が不安定な為、最新の情勢を得て東チベットへ行った方がいいだろう。

 

東チベットの仏像でもう一つ印象的だったものがある。

 

それはラガン・ゴンパにある釈迦如来像で、この仏像はチベットで最も聖なる仏像とも言われ、かのチベットに嫁いだ唐の王、妃文成公主がラガンに滞在した際、仏像をここに置いて行ってくれと言ったそうで地元住民から多大な信仰を受けている。

*因みに写真撮影禁止なのであしからず。

 

東チベットにも数多くの寺院があり、ガイドブックに乗らない美しい仏像や壁画の数々が知られざるゴンパにあると思うから言葉に自信のある人はゴンパを尋ね歩くのもいいと思う。

ラルンガルの他にもある!!東チベットの美しき仏教寺院の数々

【チベット仏像の産地ネパールへ】

チベットの仏像は日本のように木製ではなく真鍮製で、その多くはネパールの仏師によって造られている。

美の都パタンにはマッラ王朝時代から職人達が腕を競い合って仏教美術を手掛けてきた事から、今でも仏像を造る仏師やチベット仏画タンカを描く絵師達が多くいて、工房を構えている。

興味のある人は頼めば工房の見学も出来るし、彼らが造った仏像や仏画を買う事が出来る。

 

またネパールの博物館には何百年も前の古い仏像を見ることができ、撮影料を払えばカメラを博物館に持ち込んで写真撮影も出来るから仏像好きにはオススメだ。

 

このようにチベット文化圏の国々には数多くの仏像があり、人々から信仰され、世界の平和を祈っている仏像の姿を見ることが出来れば、チベット人が何故毎日仏像に礼拝するのかを知る手がかりになることでしょう。

Eメール *