【殆どが1点物!】魅惑のチベット民族衣装を御紹介!

チベットの民族衣装を着てみたい!

個性的な服を探している!

もう普通のエスニックファッションだと物足りない!!

そもそも民族衣装は何処に行けば買えるの?

等々・・

世界的に有名な事で知られるチベットの民族衣装だが、意外な事に民族衣装を販売しているWebショップは殆ど存在せず、本当に欲しい人は現地に行って購入するしかないのが現状だ。

そこでボクは本当に欲しい人の為、美しいチベットの民族衣装を販売し、その魅力を伝えることを決めた!

 

【チベットの民族衣装とは?】

秘境中の秘境チベットでは二十世紀に入った現在でも昔ながらの生活をしている人が多く、色とりどりの美しい民族衣装を着たチベタンを見ることが出来る。

ボクの夢はチベット文化圏完全制覇でチベット文化圏各地を旅しているが、地域ごとに様々な民族衣装がある。

 

有名なのがチュバと呼ばれる袖が長いコートのような民族衣装だ。一般的に“チベットの民族衣装と言えばチュバ”を思い浮かべる人もいるかも知れないが、女性用の色鮮やかなチュバや着物のようなものなど様々な種類が存在する。

 

また、チュバの中に着込むチベタンシャツはデザインが美しく、一枚だけでも個性を発揮してくれる代物だ。

チベタン達はチュバの他、お洒落度を上げるため、トルコ石をあしらったアクセサリー、数珠等をいくつも身に付け他に無い独自性を創っている。

 

チベットの民族衣装はこの他にも、まだまだ沢山存在しているが、数あるチベット文化圏の中でも多彩な民族衣装をほこるのがネパールだ。

 

ネパールにはチベット系民族タマン族、グルン族、シェルパ族やネパール建国の民族であるネワール族等々・・

 

沢山の民族が存在し、その数だけ民族衣装もあるのだ。

 

この他にも多くのチベット文化圏が存在し、独自の民族衣装を着込んでいる人々が存在する。

 

【他のアジアンショップとなにが違うのか?】

他のアジアンショップと民族衣装屋『カイラス』が決定的に違うのは民族衣装をメインに販売している点だ。

多くのショップは主にアジアン雑貨や仏具、仏像、エスニック衣料等幅広いアイテムを取りそろえている所が多い。

 

しかし『カイラス』では民族衣装を専門に扱っている。(一部Tシャツや仏具もあり)

民族衣装屋『カイラス』で取り扱っている商品を一部紹介してみると

■チベット民族衣装(チベタンシャツ、ベスト、チュバ、チベタンエプロン等)

■タマン族民族衣装(帽子、スカート、トップス等)

■ネワール族民族衣装(トピー帽)

■チベタンアクセサリー

■ネパールの神様Tシャツ

 

等、他のアジアンショップには無い民族衣装専門店だからこその商品内容となっている。

 

これら民族衣装各種はボクが実際に現地で調達したモノであるため、国内で見ることが出来ない商品が大半を占めている。

*因みにボクが海外に行った際、ドンドン民族衣装を仕入れようと思うので期待しておいてほしい。

 

【民族衣装を取り入れるとどんなファッションになるのか?】

始めに、この画像を見て欲しい。

これはボクが実際に民族衣装を自身のファッションに取り入れた例である。

注目して欲しいのは、タマン族の帽子とベストを古着の中に取り入れ、カジュアルに着こなしている点である。

民族衣装というと、派手すぎる、個性的過ぎる・・

 

というイメージを持つかもしれないが、実際は帽子やベスト等、アウターの一部に取り入れるだけでも、民族衣装ファッションというのは完成する事が出来る。

本場チベットやネパールでも、ボクのように部分的に民族衣装を取り入れた人たちも多く、旅をすると個性豊かなファッションをしたチベット人の姿をよくみる事ができ、思い思いのファッションを楽しんでいるようだった。

 

【民族衣装は殆ど1点物】

民族衣装屋『カイラス』を訪問頂ければ分かると思うが、取り扱っている民族衣装は殆ど1点物だ。

元々民族衣装は大量生産品という訳でも無いので、デザインが同じでも一つ一つカラーが違っていたり、生地が違っていたりするモノが多い。

故に希少性が高く、売っている店も限られているせいか、現地に行っても民族衣装を見付けにくい状況だ。

 

だが、ボクはそんな民族衣装を現地で徹底リサーチし、数多く調達してきたので本当に欲しい!という人は是非1度民族衣装店『カイラス』を訪れて欲しい。

■入口はこちら

投稿日:

Copyright© 漫画仏画絵師 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.