【秘境】大自然広がる景色!中国・東チベットの写真撮影ポイントとは?

ボクは海外に行くと必ず写真をとるが、中でも感動的だったのは中国の秘境『東チベット』だ。

東チベットには巨大なチベット仏教寺院の数々、美しい仏教美術や心洗われる大草原。

 

見るもの全てが感動的で、日本で見ることが出来ない非日常世界が広がっていた!

 

そんな東チベットの写真をボクの体験談と共に紹介しようと思う。

 

【広大なチベットの大草原】

ボクが行ったのは東チベット・カムと呼ばれる地域で、大草原が広がり遊牧民や五体投地で祈りを捧げる人々をよく見ることが出来る場所だ。

 

東チベットまでは成都から車で6時間程度で行け、その始まりは康定(カンディン/ダルチェンド)という場所。

 

カンディンは中国とチベットの間にあるせいか中国文化とチベット文化が混ざり合ったような場所で、一見温泉街のようにも見える。

ただ周辺にはチベットの神々が彫られた岩山やマニ車(経が入った筒)、チベット仏教寺院があったりする。

この写真はンガチュ・ゴンパ

 

ダライ・ラマが北京に向かった時に滞在したゲルク派寺院だが、壁画がプリントで残念な姿だった。

 

カンディンから先に大草原があり、遊牧民のテントがあったり、正に絶景と言える光景が広がっているのだ。

ただボクの旅のメインは絶景の写真を撮りに行く事では無く、仏像や壁画を写真に収めること。

ボクはチベット仏教の絵を描いていて、そのインスピレーションを得るために東チベットに行く事になったが、他のチベット文化圏の国々に無いような巨大な仏像や壁画などがあった。

 

【様々なチベット仏教寺院】

東チベットと言えば巨大僧院ラルン・ガル・ゴンパが有名だが、外国人立ち入りの僧院で公安に発見されれば追い返される事もありボクはラルンガルに行く事は無かったが、東チベットには数多くの寺院がある。

*2017年現在ラルンガルはラサ同様、僧侶達を追い出し共産党が支配しているという情報もあるため、ますます行くのは難しいだろう。

 

例えばラガン・ゴンパ

 

カンディンから程無い場所にあるラガンという小さな町にあるサキャ派寺院だ。

有名なものはチベットで最も神聖とされる、ラガン・ジョウォと呼ばれる仏像だ。

だがボクは何も知らず写真を撮ったのだが写真NGだったみたいで近くにいた僧侶から

 

「マレイ!(No!)」

 

と言われてしまった!

 

写真撮影してしまったが禁止なのであしからず。

 

だがラガン・ゴンパはこの他にも美しい壁画や仏像があるので必見だ。

 

誰もいなかった為、色々写真を撮ってきたが大丈夫だったのだろうか?

 

本堂にある獣面のヴァシュラハイラヴァやサキャ派の代表的尊格へーヴァジュラの壁画。

また巨大な十一面観音の仏像やチベットの女神達の壁画もある。

サキャ派の護法神、文殊大黒天の壁画

数ある大黒天の図像の中で、最も慈悲深いとされる白色如意宝珠大黒天

このような美しい壁画や仏像の数々を見ることが出来るのもチベットならでは。

 

ため息が出るほどのラガン・ゴンパのチベット仏教美術の数々をもう一度見たい為に、カンゼの帰りにラガンに立ち寄るのだった。

 

ラガンは本当にオススメなので興味のある人は立ち寄ってほしいと思っている。

 

ただ、ラガンのホテル事情は余り良くないので注意が必要だ。(特にトイレが)

【秘境】中国・東チベットのホテル・トイレ事情『衝撃バケツ事件!』

カンゼに向かう途中にタウと呼ばれる町がある。

 

観光スポットと言えばタウの繁華街から離れた場所に巨大なチョルテン(仏塔)や街の中心地ニンツォ・ゴンパだ。

白亜の美しいチョルテンの周りには数え切れない程のマニ車があり、チベタンがクルクルと回す姿を見ることが出来る。

チョルテン隣にはチベット寺院があり、幾つもの仏像が並べられボクは誰にも止められなかったので写真を

 

 

撮った!撮った!撮った!

 

東チベット始めチベット文化圏の国々はインスタ映えするような場所が多いように感じられる・・。

カンゼ州の名前にもなっているカンゼ(ガンズー)に入ると公安の数が突然多くなり、チベット情勢の不安定さを垣間見られる町だ。

因みにダンゴからカンゼに向かう道中にはカサル・リンポチェの仏教寺院があるカサル・ツォと呼ばれる巨大な湖が山あいから見る事ができる。

カンゼには千体はあろうかという仏像の数々がカンゼを見下ろす丘の上に立っているカンゼ・ゴンパにあるのだ。

また写真をとっていいらしく、僧侶達が見守る中ボクは写真を撮りまくったが、一応五体投地をして信仰心に敬意を示した。

チベット仏教カルマ・カギュ派における詩聖ミラレパと祖師達の仏像。

立体曼荼羅があるカンゼ・ゴンパまでの道のりについては、こちらの記事を読んで欲しい。

幻の1,000体仏像を探しに東チベットへ。『カンゼで見た荘厳な神々の世界』

チベット人にとって仏教はとても大切な存在で、生活の中心になっている心の支えのようなものだ。

 

最近では一部中国人観光客によるマナー違反の数々がチベット各地で見られるが本当に心が傷む。

 

日本人も中国人に見られないように写真を撮る際もマナー違反しないように心掛けたい。

 

彼らの宗教心に気を使えば、気持ちいい旅を大草原が広がる東チベットで旅出来るので、一度はこの地に行ってほしいと思っている。

Eメール *

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です