チベット仏教

仏教の天使“迦楼羅(カルラ)”誕生はヒンズー教神話にあり?

投稿日:

お釈迦様の回りで説法を聴いた八人の神々を八部衆というが、その中の一人迦楼羅(カルラ)はあたかもアジア版天使のような姿をしている。

迦楼羅はヒンズー教の神鳥ガルーダの事でヒンズー教の最高神ヴィシュヌ神の乗り物としてヒンズー教の国々で人気の神様だ。

ボクはネパールにある美の都パタンを歩いた際、合唱をした天使のようなガルーダを見た事がある。

ヒンズー教の神話では鳥の神として描かれるガルーダだが、その姿は伝承された国、地域によって変わっていき天使の姿から鳥の姿まで様々な姿をとっているようだ。

 

日本においてもガルーダは迦楼羅天として信仰され、興福寺の国宝阿修羅像や他の八部衆の仏像と共に武装した鳥頭のガルーダが祀ってある。

 

またその姿から日本の妖怪であるカラス天狗にも影響を与えたとされ三十三間堂にある迦楼羅王の仏像はカラス天狗のような顔をし、天使のような翼を持ち天狗のような特徴を兼ね備えている。

 

【ヒンズー教神話におけるガルーダ】

チベット文化圏にいくとチベット人の信仰の場所であるゴンパと呼ばれる仏教寺院があるが、ゴンパの外壁や柱には美しい装飾が施され、チベットの神々の彫刻が施される事もある。

その神々の彫刻の中にはガルーダの姿もあり、彼はしばしば蛇を口にくわえた姿で描かれるのだ。

ガルーダが蛇をくわえた姿で描かれるのは仏教において煩悩の象徴である蛇の破壊を意味し、しばしば六道輪廻図の中で三毒の一つである象徴として蛇が描かれている。

 

だが蛇をくわえているのは仏教的意味合いとは別にヒンズー教神話において蛇はガルーダの天敵だからである。

 

神話ではガルーダが生まれた時、蛇の支配をうけていた。

 

理由を母に尋ねると

 

「昔、蛇と賭けをして負けたので、このような環境に落ちてしまった」

 

と答えたのでガルーダは蛇族に支配を説くよう頼むと

 

「天界にある不死の甘露アムリタをとってこい!そうしたら自由にしてやる!!」

 

と言った。

 

ガルーダはアムリタをとってくるため天界に向かったが神々からの攻撃を受けてしまう。だが攻撃を全て跳ね返し、遂にアムリタを手に入れた。

 

しかしアムリタを手に入れ戻る最中ヴィシュヌ神が行く手を遮り戦いを挑んできた。

 

ガルーダとヴィシュヌ神との戦いは果てしなく続き勝負がつかなかった為、ヴィシュヌ神はアムリタと高い地位をガルーダに与え、自分の乗り物になるよう提案してきた。

ガルーダはその提案をのみ、以後ヴィシュヌ神の乗り物になり、高い地位についたガルーダは蛇から守ってくれる神様になったのだ。

 

このような性格だからこそガルーダは仏教に取り込まれ、仏教徒に崇められる存在になったが蛇族も仏教に取り込まれ、仏法を守護する8種の蛇族の神々『天龍八部衆』になった。

 

【ガルーダの真言】

チベット密教では僧侶や仏教徒が日常的に何千回も真言を唱え、神々と交信をしているが尊格ごとに真言も異なっている。

チベットで一番有名な真言は観音菩薩の『オム・マニ・ペメ・フム』でありマ二石や山岳地帯に描かれるが、聖鳥ガルーダにも真言がある。

 

オム・クシバ・スヴァハ・オム・パクシ・スヴァハ

 

因みに犬猿の中である蛇族ナーガの真言は

 

ナンドーパナンダイェー・スヴァハ

 

という。

-チベット仏教

Copyright© 漫画仏画絵師 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.