仏教の絵を描くのならチベットへ

 

ボクの描いている絵は仏教の絵だ。

そして仏教美術を探しにアジア諸国(主にチベット文化圏)を旅している。

 

仏教の神々、護法尊、ヒンズー教の神々といった尊格を描いているが、そこには様々なルールがあり仏画を掘り下げれば掘り下げる程、仏教の絵の面白さ、難しさを発見するのだった。

【旅は絵を成長させる】

世界には美しい仏教美術が存在する。

ネパールやラダックといったチベット文化圏には美しいチベット仏教美術の数々があり、カンボジアといった東南アジアには古代の仏教彫刻や仏像が存在する。

絵、特に宗教の絵を描くためには『ホンモノ』を見て、感じて、表現すれば今よりも美しい絵を描けるようになるのだと思う。

 

だからボクは旅をする。

 

例えばプロフェッショナルと呼ばれる人達はホンモノを見て、追求した結果その場所に至ったのだと思う。

漫画家を目指すのならプロの漫画家の漫画を読み、プロのコマの割り方、Gペンや丸ペンの使い方、キャラクターの感情表現の見せ方等を学ぶ。

そして出来上がった漫画をチェックする担当編集者。

彼らは添削のプロだ。彼らは漫画が好きで毎日プロの漫画に接し、自宅にも何百、何千といった漫画本があるのはザラでもない。

毎日毎日読む事で正しい添削をする事が出来るのだ。

あと俳優や声優といった役者業も日々の稽古もあるが映画やDVDを見て、プロの役者の表現方法等を学ぶ。

ボクが仏教美術を求めてアジア諸国を旅するのはまさに同じ理由。

旅は絵を上達させる事が出来るが他にも『思いがけない出会い』『発見』『新たな目標』を見つける事が出来る。

 

【旅と出会い】

絵を描いたりクリエイティブな事に興味がある人にボクは旅を強くおすすめする。

海外の旅は様々な出会い、日本とは違う文化や発見をする事で視野が広がり良い刺激になるからだ。

アジアの街を歩けば熱心に祈る仏教徒や僧侶達、海外に住む日本人やバックパッカー、海外の人達と触れてきてボクは成長する事が出来た。

たとえ言葉が分からなくとも海外の人達は旅人に温かく迎えてくれし、言語や文化が違っても同じ人間だという事を実感出来たし、そんな彼らの文化や宗教に触れていると、もっと知りたいという思いがつのり海外の宗教画を学びにいく『きっかけ』をも作ってくれた。

【チベット仏教美術を求める旅】

ボクの絵のほとんどはタンカを元に描かれている。

タンカとはチベットの仏教画の事で、ここでは描ききれない程の様々なルールがある。

「体の色」

●「持っている物」

●「体位」

こういったものが1つでも違うと全く別の神様になったりする。

チベットやネパールやラダックといったチベット文化圏にはゴンパと呼ばれる僧院があり、そこにはタンカを元にした壁画が数多く描かれ、数え切れない種類の尊格を目にする事が出来る。

ゴンパ巡りはチベット仏教美術を求める旅で欠かせない場所だ。

ゴンパはチベット芸術の粋といってもよく、壁画は勿論、至る所に装飾的な模様が施され美しい仏像も数多く鎮座している。

このような理由でゴンパを巡るという事は仏教の絵を描いていたり、タンカを描く人達にとって是非とも行って欲しい場所だ。

ボクはこの美しいゴンパやタンカといったチベット文化をもっと多くの知って欲しいと願っている。

だからボクは『漫画仏画絵師メールマガジン』というものを作りチベット仏教美術・文化や仏教の絵といった事を情報発信する事を決めた。

登録は無料なので仏教の絵が好きな人やチベットに興味がある人は是非ともボクの情報を受け取って欲しい。

 

 

Eメール *