「人生論」カテゴリーアーカイブ

仕事が嫌いになり転職する人に送る3つのアドバイス

会社での仕事が嫌いになり、転職したいと思った事は無いだろうか?

しかし、何の目的もなく転職しようとすると失敗するリスクがある。

 

それは一体何なのか?

 

転職する前に考えて欲しい事と、転職後の話を三つ紹介しようと思う。

 

【何故、転職するのか?】

何故、せっかく入った会社を転職するのか?

それは人それぞれだろうが、多分に会社での仕事が嫌いになったり、自分には合わない、人間関係がイヤになったりして転職する人が多いのでは無いだろうか?

だが、仕事が嫌いになって辞めるまではいい。

その後すぐに転職先が見つかれば元は超したことが無いが、そう簡単に見つからないのが、この日本社会の残念な所だ。

 

その為、本気で転職しようと思っている人は

 

まずは貯金をしたほうが良い。

 

転職先が見つかるまで何ヶ月と時間がかかる場合もあるため貯金が多ければ多いほど、転職期間中のお金で苦しむリスクは減っていく。

 

あと、転職する前に考えて欲しい事は次にどんな仕事をやりたいか?

 

という事をよく考えることだ。

 

先にも言ったように転職先がすぐに見つかれば良いが、そうで無い場合、色々な所を当たって、ダメなら次の所に面接という事になるだろうが、それを繰り返していく内に本当にやりたい事を見失うリスクもある。

 

例えば製造業をやってみたいが決まらなすぎて、全く違う仕事を当たるようになるとか・・

 

だから本当にやりたい事があれば、その仕事がやれる会社に面接に行く方がベストだ。

 

【転職しても、また会社である】

心機一転、新たな心構えを持って新しい会社に入社しても、そこに待ち受けているのは、やはり『会社』である。

 

前の会社の仕事が嫌いになり、転職しても結局行き着く先は会社・・

 

そして日々の作業に虚しさや嫌気を覚え、新たな人間関係に馴染めず、身体を壊して会社に行けなくなる。

本末転倒である。

だから転職する前に本当にやりたい、この仕事で食べていきたいと思えるような仕事を考えなくてはいけない。

 

そうで無いと、待ち受けているのは同じ事の繰り返しだ。

 

そんな悪循環を防ぐために、心にとめて欲しい事がある。

 

それは夢や目的を持つことだ。

 

夢や目的と聞くと大それた事をイメージするかも知れないが、お金を稼いで、こういう事をやってみたい、あれが欲しい等身近な事でも構わないのだ。

要は会社に入ってもモチベーションが下がらない『何か』があれば、また同じ事を繰り返すリスクも減るという事。

だが、この記事を書いているボクのように会社がどうしてもイヤだ!嫌いだ!

という人間は次の方法しかない。

 

【会社に行かない働き方を考える】

会社という組織に馴染めないのなら、会社に行かない働き方という方法を考えるしかない。

例えばボクには画家として食べていくという夢や日々のしがらみから解放されたい自由主義的発想がある。

会社で叶う夢があれば、その会社に就職するために色々考えるだろうが、ボクのように会社に行かない形態を模索する場合、普通に会社で就職する!

 

という方法とは違う生き方をしなくてはいけない。

 

例えば画家という職業を考えた場合、世間一般が考えるのは個展や賞に出して有名になって仕事を得る!

という方法だけだが残念ながらアート業界が発展していない日本では、それが難しく画家で食べていくのは運頼みになってしまう。

だが画家に限らず、どんなビジネスにおいても現在のインターネットが発達した、この社会においてビジネスの挑戦する場は整っている環境と言える。

例えば昨今話題になるユーチューバーという存在やブロガー、株、ネットショップやネットオークションで生計を立てる人達等、会社に行かない働き方という事を考えれば色々考える事が出来る。

 

一般的に食べていく事が難しい画家という仕事もネットビジネスを組み合わせれば実現可能という事実がある。

 

例として『世界画家旅人』のzinさんや『パンダは地球を救う』の織田さん等は現にネットで絵を売って成功している人達である。

また『海外』に興味があれば旅ブロガーとして食べていく方法や海外青年協力隊として、どこかの国の貧しい人達の為に働く方法だってある。

 

一般的に日本では何故か

 

働く=会社に就職する

 

という方法しか世間全体に、まかり通ってないような気がする。

だが世界をみてみれば、ITビジネスで成功している人達や好きな事をやっている人達の方が多いのである。

 

考えて欲しいのは

 

やりたくも無い仕事を永遠にやって、それで人生楽しいのか?

 

会社で働き続けるのが自分が生まれた意味なのか?

 

という事を常に頭に入れて欲しい。

 

そして

 

人生はたった一度っきりなのだ。

 

その重要性を今一度考えて生きて欲しいと願っている。

Eメール *

『人生は旅だ!』旅する画家が教える幸せになる生き方とは?

現代社会では夢や目的を持っている人が少ないような気がする。

だけど、人生=旅だと結論すれば、少しでも生き方に意味を見いだせるのでは無いかと思っている。

 

旅というのは行きたい国、地域へ向け目的をもって行く事。

 

世界遺産を見たい。絶景を見たい。異文化を感じに海外旅行したい・・

 

目的は人それぞれだけど人生も同じじゃないかと思っている。

 

【旅こそ我が人生】

人生=旅である。

何故、そんか結論に至ったかというと、ボクは元々漫画家を目指していて、その為だけに生きてきた。

漫画誌が主催する漫画大賞に完成した漫画を応募したり、編集社に持ち込みに行ったり・・

 

だけど、どんなに賞に出しても落選の連続。

 

そこでボクは、会社でお金を貯め漫画の専門学校に入ることにした。

理由は、プロ経験がある講師から直接漫画について学びたかったし専門学校では年に数回、添削会と言って編集社が直接漫画を見に来てくれるという地方在住のボクにとっては有難い制度があったからだ。

 

 

だが

 

 

幾ら学んでも、編集社に見せても結果は同じだった。

 

だが、そんな時、転機があった。

 

絵の授業でアクリル画を描いていた僕はカラフルで独特なタッチの絵が担当の先生に目がとまり、先生の紹介で画廊での個展が決定したのだ。

その後は漫画を描きながら、絵を描いて個展をする。

バイトや個展でお金が貯まったら絵の勉強の為にネパールやカンボジア、ドイツ等世界中を旅してきた。

そんなバイトやりながら絵描いて、漫画描くという3足わらじの生活は次第に立ちゆかなくなり、漫画家の夢を捨て画家を志すようになったが今ではそれでよかったと思っている。

 

夢というのは妥協が必要・・

 

形も変わって良い・・

 

と今では、そう思うようになったからだ。

ボクは挫折後も腐ることなく、ネパールで3か月間タンカ(チベット仏画)をタンカ絵師の元、学んだりした。

そして画家として食べていくには?

という方法を求めネットを探した結果『世界画家旅人』のzin さんとの出会いもあった。

当然、絵を描いている間はバイトをやりながらでお金が貯まったら海外に行くために辞めたり、期間限定の仕事をしながら食いつないできた。

 

画家として食べていく!という大きな目的をもって。

 

ボクは今までやりたいことをやってきたが

人生において目的が生まれた瞬間、人生も旅も同じだと思えるようになったのだ。

例えば、ボクは海外に行くために会社でお金をかせぐ。

やりたいことがあれば、進んで行動するようにする(漫画を学ぶため専門学校に行ったり、ネパールでタンカを学んだり・・)

ボクの行動を『旅』に置き換えれば、終着点(現在の)に向け、街から街へ移動する旅と同じだということに気付いたのだ。

終着点(画家として食べていく)

街から街へ移動する(海外へ行く。会社でお金を稼ぐ。画家として食べる方法を見つける等々)

 

旅は人生だ。

 

という言葉は、ようは目的が生まれた瞬間、そう思えるんじゃないかとおもっいる。

反対に普通に就職して定年になるまで同じ会社で家族の為、生活の為と思いながら働いている人間には旅は人生という言葉はうわごとに聞こえるかも知れない。

普通に就職している人は会社という狭い環境と家庭しか、見えている世界がないからだ。

 

だけどボクのように大きな目的がある人間にとっては

 

目的達成の為、色々行動する事で行動力がつくし世界中を旅することで様々な視野を生むことが出来る。

 

そして何より世界は広い!

 

と感じることが出来るのだ。

 

多分就職している人には分からない感情だろう。

 

【究極の終着点は『死』である】

どんな人生を歩んでも最後は死んでしまう・・

だけど、だからこそボクは生きている。

結局は死んじゃうから夢なんて持っても意味なんかない、とネガティブな事を考えるのでは無く

 

こんな素晴らしい人生を送った!やりたいことをやれた人生だった!!

 

と思えるような生き方をしたいと思っているのだ。

その為にボクは旅をするような生き方をしているし、夢実現の為、色々行動するようにしている。

 

だから人生について悩んでいる人は最期は笑顔であの世に逝けるような生き方を見つけてほしいと思っている。

ボクは画家として食べていく!という夢の他にも

 

チベット文化圏完全制覇。

 

モンゴルやチベットの高原を馬に乗って駆け巡りたい。

 

ドイツ軍の軍服を着て、何かしらイベントをやってみたい。

 

とか・・

 

色々夢を持っている。

それらはお金があれば解決出来る物もあれば、そうじゃないものもある。

 

だけどボクは夢を達成すると思う。

 

目的をもって行動していく限り、光明は必ずやってくるからだ。

 

旅をするような人生・・

 

貴方も一度はやってみたらどうだろうか?

Eメール *