その他

2018年度『漫画仏画絵師総決算!!』ボクの人生が動き出している?

投稿日:

少し早いようだが今回は『漫画仏画絵師』総決算として2018年を振り返ってみようと思う。

去年の12月に画家の岡部さん達にブログのアドバイスを貰った翌月、突如新潟日報の記者の方から取材したいと連絡があった。

 

 

この取材の背景には長年の付き合いがある羊画廊の力があるのだが画家として、このような取材は初めてとなるので取材日は少々緊張していた。

 

しかしいざ取材が始まってしまうと少しずつだが緊張が解れていき、時間はあっという間に過ぎていった。

この時、聞かれた事は何故絵を描くようになったのか?ネパールに仏画を修行しに行く事になったのは何故か?

 

等々・・

 

 

 

画家としての人生に対する質問が殆どだった。

 

 

 

ここでインタビューされた内容は後に新潟日報に掲載される事になり『新潟の気鋭』として記事になっていた。

 

 

その2ヶ月後、3月23日~4月3日に個展が開催された。

 

 

この個展では新潟日報を読んでやってきたお客様や色々とお世話になっている方々が見に来てくれたりしたが

 

 

売り上げとしては納得のいく感じではなかったが絵のレベルとしては年々あがっていると実感出来ていた。

この事は画廊のオーナーも言っていた事でそのお陰か来年の3月に東京でのアートフェアでボクの絵を出品してくれると約束してくれた。

 

この頃ボクは12月までいた食料品会社に再び派遣で入社し働きながら絵・ブログを書いている状態だった。

 

 

7月にボクは東チベットに行くために退社し初となる四川省アバ地方へ行く事になった。

 

 

目的はアバ地方のゴンパ(チベット寺院)を訪れる事とゾルゲに住む日本人と会う事だったが、日本人の方が入院する事になった為ゴンパ巡りがメインとなった。

 

しかしゴンパ以上に感動させたのはアムドの雄大な大自然で帰国後ももう一度訪れたいと思う程だった。

ただ残念なのが帰国後sd カードが謎の破損により半分以上の画像が消えてしまった事で、その為東チベットの町の情報が画像が無いため書けていない記事もある。

その事1ヶ月の間、暑い夏の中エアコンも無い部屋の中で絵やブログを書き9月過ぎに再び同じ食料品会社に入社。

この時ボクは何年も同じ事の繰り返しの1年を変えるため大きな決断をする事になる。

 

【オーストラリア・ライブペイントの旅】

初めてライブペイント(絵の路上販売)を知ったのは旅する画家であるzinさんの世界画家旅人を読んでいた時の事だった。

 

ボクはブログを読んで行くにつれ、このような絵の販売方法で食べていく方法もあるんだな~

 

という事を知りzinartメンバーに参加した後

zinさんの話(オーストラリアは絵が売れる、書道パフォーマンスで3ヶ月で300万貯めた人の話)や他のzinartメンバーで実際にオーストラリアでライブペイントをしている話を聞くにつれ

 

 

ボクもやってみよう!

 

 

という発想になっていった。

 

 

また、もう一つの理由としてボクは今まで変わらない1年を送っていた。

 

 

つまり会社・個展で収入を得て海外に行く。

 

これが専門学校卒業後、初海外一人旅であるネパールを皮切りに今の今まで続いていた。

 

だからこそボクはこの環境を変えるために全財産と人生を賭け2ヶ月半オーストラリアに行く事にしたのだ。

 

 

それでもボクは今年の春の時点では行くかどうか迷っていた。

 

 

zinさんの話は夢を与えるものであったが実際に行くとなると長期間になりかなりお金もかかってしまうため恐怖以外の何者でもなかった。

 

 

それが変わったのは会社での些細な事だった。

 

 

ある日ボクは会社の朝礼の後に工場長から呼び出しをくらい

 

 

 

「会社に短パンを履いてくるな。会社の規則で決まっている。」

 

 

そんな話、聞いた事が無い。

 

 

「服が汚れてる。朝礼の時は新しいのを着てこい。靴も汚れてるから新しいのを買ってこい。」

 

 

「こういうのは社長が嫌いだから」

 

 

とネチネチ言ってくる工場長と会社に愛想がついたボクはオーストラリアで稼いで人生変えてやる!

 

 

 

という事になっていった。

 

 

 

そんなしょうもないだったのかも知れない。

 

 

ただ怒りが未来を切り開くという事もあるという事なのだ。

 

 

この事はネパールで活動するライフコーチkeiさんのメルマガでも言われている事だ。

 

 

 

 

以下はkeiさんのメルマガの抜粋

 

 

 

 

最近、最も怒ったことを思い出してみてください。

 

 

 

なぜかというと、怒りは「自由な人生」を開くカギだからです。

 

 

 

だから、怒ったことを思い出してみましょう。

 

 

 

どんな出来事だったのでしょうか?

 

 

 

誰に対して怒ったのでしょうか?

 

 

 

何に怒りを感じたのでしょうか?

 

 

 

少し思い出して、考えてみてくださいね。

 

 

 

ここでもう1つ質問です。

 

 

 

あなたはなぜ怒ったのでしょうか?

 

 

 

誰かがあなたを怒らせたからかもしれません。

 

 

 

あるいは、怒るような出来事が起きたからかもしれません。

 

 

 

 

でも、それでは表面的な答えにしかなっていません。

 

 

 

なぜあなたは怒ることになったのでしょうか?

 

 

 

 

十分考えていただいたので、ここで種明かしをしていきましょう。

 

 

 

そもそも、人が怒るのは「正しい」という観念があるからです。

 

 

 

 

そして、その「正しい」という観念が破られた時に怒りを感じます。

 

 

 

「正しい」という観念は、言い換えれば「~しなければならない」という考え方です。

 

 

 

この「~しなければならない」という考え方が、あなたの怒りの大本なのです。

 

 

 

例えば、恋人が待ち合わせ時間に遅れてきたことに怒ったのなら、

 

 

 

 

「時間は守らなければならない」という観念があります。

 

 

 

いつも使っている電車が運休して、帰れなくなったことに怒ったのなら、

 

 

 

「電車は休まず、ずっと走っていなければならない」という観念があります。

 

 

 

タメ口を使ってきた年下の後輩に怒ったのなら、

 

 

 

「年下は年上に敬語を使わなければならない」という観念があります。

 

 

もしも、あなたが怒りっぽくてストレスを感じやすいなら、まずはこの怒りの大本に気づくことです。

 

 

 

怒りの大本である観念に気づくだけで、びっくりするくらい怒らなくなりますよ。

 

 

 

僕も妻の時間のルーズさには毎回激怒していましたが、この観念に気づいてからは優しくなりました(笑)

 

 

 

そして、怒りの大本にある観念に気づくと、もう1つ良いことがあります。

 

 

 

それは、他人軸から自分軸へと移行し、人生が生きやすくなるということです。

 

 

 

「~しなければならない」は自分の本心ではありません。

 

 

 

「(本当はしたくないけど)~しなければならない」と自分の気持ちを押し殺しています。

 

 

 

自分の気持ちより、他人や社会の期待を優先する「他人軸」の言葉なんですね。

 

 

 

「生きづらい」と感じる人の生きづらさはここから来ています。

 

 

 

「生きづらい」の大本に気づくと、それだけでこれまた楽になります。

 

 

 

そうして、自分の身体にまとわりついた紐をとっていくように、

 

 

 

「~しなければならない」も1つずつとっていきましょう。

 

 

 

学校の校則をちょっとだけ破るような感じで、少しだけでいいです。

 

 

 

その「~しなければならない」を破るような、反対の行動をとってみるのです。

 

 

 

例えば、「時間は守らなければならない」という観念があるなら、

 

 

友達との待ち合わせに5分だけ遅れてみるとか(笑)

 

 

地味ですが、これを繰り返していくと、「自由な人生」に近づいていきますよ。

 

 

 

「自由な人生」とは、「自」分を理「由」にする人生です。

 

 

 

そのためには、「~しなければならない」という観念から解放されることが第一ステップです。

 

 

ぜひ、やってみるといいですよ。

 

 

あなたが、最近怒ったことはなんですか?

 

 

その怒りの大本にある「~しなければならない」という観念はなんですか?

 

 

とkeiさんは語る。

 

このメルマガはやりたい事がわからない人に向け発信されているものだが

ボクのようなやりたい事が分かっている(絵で収入を得て生活をする)人にも前へと突き進ませてくれる言葉もあるので毎回楽しく読ませて貰っている。

 

ライフコーチkeiさんのブログ『隠れた「やりたい」をカタチに変える専門家』はこちら

 

因みにメルマガと言えば当ブログの『漫画仏画絵師メルマガ』が長い間お休みさせて貰っているが

理由としてまだまだチベットの情報(国・地域等の観光・ホテル・飲食店)が不足していると思っているからだ。

納得のいく情報がたまっていったら再び発信しようと思っている。

 

 

 

オーストラリアに行く日までもう少し・・

 

 

もしもボクが成功したら再び東チベットに行こうと思っているが

それ以前に海外で絵で稼ぐ~チベット~海外で絵で稼ぐ的な今までのサイクルとは違った1年を作ってみたいので

 

 

 

きばってオーストラリアに行ってくッゾ~!

 

チェスト~!!

 

 

結果は帰国後2月13日以降になると思うので気になる人は待っていて貰いたい。

 

 

 

チェスト~!!

 

 

 

-その他

Copyright© 漫画仏画絵師 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.