画家として生きる

『漫画仏画絵師総決算!』ブログ開設してから、この1年を振りかえる。

投稿日:

もうすぐ2017年も終わり、チベット旅行サイト『漫画仏画絵師』を開設してから1年が過ぎただろうか?

今回は『漫画仏画絵師』総決算とし、この1年間を振り返ろうと思う。

 

【ブログ開設のきっかけはZINさんとの出会い】

元々ボクは絵を描いて生きていくためには如何すればいいのか?

という事を念頭に、ネットで色々調べていた。

 

そんな時、偶然世界画家旅人というサイトを発見し、画家のZINさんの講座を受けながらブログを作っていったというのが始まりだ。

 

画家のZINさんとは世界中を旅してきた画家で、オーストラリア等で絵を売ってきた経験があり、日本に戻ってきた際、何とか日本でも絵を描いて生きていく方法を模索し、発見した人物である。

 

しかし、ネット初心者であるボクがワールドプレスでブログを作ったり、ネットの事を理解するのは中々難しく、頭打ちという状態も度々あった。

 

しかしボクは、何とかブログを作りあげ(ブログを始めたのが2016年の初めだったと思う。)仕事をしながら2日間に1回のペースで更新していった。

 

ただ、中々集客という面で上手く行かず、鳴かず飛ばずだったが翌年、念願の東チベットに行く事が出来た。

 

それが1月の真冬の事だった。

 

 

【初の東チベット】

初のチベットは四川省西部に広がる東チベットというエリアだった。

だが、行ってみて分かったのは正直、相当大変で(移動面が)確かに広大な大草原や巨大僧院の数々はとても魅力的だったが、東チベット13日間という度の感想は・・

 

 

疲れた。しばらくいいかな・・

 

だった。

 

ボクは今までネパールやカンボジア、インド等、様々な国に行ってきたが、東チベットほど疲れた場所は無かった(ToT)

 

しかし、そこで見てきた日本で絶対見ることが出来ない仏教美術の数々はボクの絵に影響を与える事になり、今では行ってよかったと本当に思っている。

東チベットの旅で見てきた僧院についてはこちら

ラルン・ガル・ゴンパの他にもある!!東チベットの美しき仏教寺院の数々

【4度目のネパールの旅】

東チベットから帰ってきた後、ボクは家で絵を描き、ブログを更新していく作業を繰り返していた。

 

それが4月位まで続き、お金も無くなってきたので、好きでもない派遣の仕事をやり続けた・・

(ただ食料品会社だったという事もあり、毎日のように廃棄品のゼリーを食べれたのは良かったが)

 

5月の終わりにさしかかった際ボクはネパール行きの航空券を買い、ネパールに行くため6月いっぱいで会社を辞め、7月の終わり位にネパールへ飛んだ。

理由はタンカ絵師マイラさんに感謝の手紙を読み上げる事だった。

 

実は前年もネパールへ行ったのだが、マイラさんに会うことが出来ず、感謝の言葉も言えなかった為、次こそはという思いがあった。

 

因みにこの時はネットショップを開くための旅であった。

■民族衣装店カイラス

 

ボクは4度目のネパールに行く前に羊画廊のオーナーに日本語で描いた手紙の英語での翻訳を頼み、その手紙を持ち、ネパールへと降り立った。

チベット仏教の聖地ボダナートで仏画店を構えるマイラさんと直ぐに出会う事ができ、カタコトであるが思いの丈を伝える事ができた為、感謝の手紙を読み上げる旅は成功だった。

因みに4度目のネパールは、ファルピンやセト・ゴンパ、コパン・ゴンパ等、中々ガイドブックで見ることが出来ない観光スポットへ行く事ができ、今ではのネパール旅行の中で最も充実していた旅であった。

■ネパールでタンカ絵師マイラさんに感謝の手紙を伝えた話はこちら

英語が出来ないボクがタンカ絵師マイラ氏に感謝の手紙を伝えた話

【長田幸康氏とZINARTメンバーとの出会い】

ネパールから帰ってきて一ヶ月後、再び春に働いた会社に戻り、12月の初めまで働くことになった。

次の旅の目的はやりたい事をやっている人達と出会う事が目的だった。

 

当初ボクはブログ集客の相談の為、世界画家旅人のZINさんと会いたかったが予定がつかず、彼から紹介された画家の織田さんに相談を持ち掛けた。

 

だが、後に彼とも予定が合うことが出来ず、同じZINARTメンバーの岡部さんに頼むことした。

 

因みにZINARTメンバーとはZINさんの画家として食べていく人達に向けた講座を受けている人達の事をいう。

 

岡部さんに連絡をとった所、あってもいいという事になり、12月の10日に東京で会うことになった。

 

また、この旅では彼の他にも、チベットを旅するフリーライターである長田幸康氏や名古屋のタンカ絵師の奥様との出会いもある。

 

12月9日に名古屋に行き、ネパールで買ってきた本を翻訳して貰った後、岡部さんと友人の画家である黒沼さんにブログ集客について色々相談する事になった。

ブログ集客については一言で言う事は出来ないが、かなり勉強になった一日であった。

翌日、ボクは長田幸康さんと夕食を共にする事になり、彼からチベットについて色々聞ききたいことを色々聞いてみた。

ゴンパがどの宗派なのか、見分けるポイントは?

 

チベットで馬に乗って大草原を駆け巡る事は出来る?

 

シャンバラは存在するのか?

 

長田幸康さんが考えチベットの未来は?

 

等々・・

 

彼との質問会は3時間にも渡り(長田さん、本当に有難う御座います!)様々な情報を得る事が出来たので『漫画仏画絵師』で、この時、得た情報を順次紹介していこうと思う

 

岡部さんのサイト『アートラボ』はこちら

黒沼さんのサイト『絵画をたしなむ』はこちら

好きな事をやっている人達の出会いの旅はボクの人生に大きな影響を与え、ブログだけでなく、人間関係の幅も広くなったと思っている。

 

2017年はまだまだ、ボクが思い浮かべるような年では無かったので、来年こそは・・!

 

という思いで一杯の年末である。

 

-画家として生きる

Copyright© 漫画仏画絵師 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.