チベットの旅

仏像好きに行ってほしい聖地チベットの美しい仏像達とは?

投稿日:

チベット、ラダック、ネパール・・。

チベット文化圏には仏像好きにはたまらない聖地であり、ボクは数多くのチベット寺院で美しい仏像達を見てきた旅人の一人だ。

ボクは仏画の勉強の為にとチベット文化圏を旅している画家旅人だが、ボクが旅のメインにしているのはチベット寺院(ゴンパ)内に描かれている細かいにも程がある!チベットの神々の壁画であり、何よりも『ホンモノ』を見るのは仏画の勉強になる。

しかし、壁画も素晴らしいが本殿に鎮座する仏像達も相当に素晴らしく、東チベットのカンゼ・ゴンパにある立体曼荼羅は感動を覚えた位だ。

(その後、感動のあまり五体投地をするボク・・)

チベットには、このような仏像好きには堪らない仏像達が数多く存在し、一生の宝となるような旅の想い出をつくってくれるのだ。

【チベットの美しすぎる仏像達】

以外の写真は、ボクが実際にチベットを旅してきて撮ってきた仏像の写真だが、これを見れば如何にチベットは仏像好きに堪らないエリアだという事が分かるだろう。

*因みに、ボクは今まで寺院内部の写真を色々撮ってきたが、場合によっては撮影禁止の所もあるため、一応僧侶に確認をとった方がいいだろう。

 

まずは東チベットのラガン・ゴンパ。

 

大平原に囲まれたラガンという小さな町にあるゴンパだが、ここには聖なる釈迦如来像があり、地元住民が熱心にコルラ(巡礼)している姿をよく見ることが出来る。

このゴンパを有名にしているのは釈迦如来像だが、壁画好きにも是非オススメしたいゴンパで、3つある御堂には、それぞれ違うタッチで描かれた壁画があり、土手も印象的だった。

また、タウにある巨大仏塔となりには、ゴンパ(?)は粗末な造りだが、幾つも仏像達が鎮座していて、チベット人の中には五体投地で祈る人もいた位だ。

 

続いてラダックと言えば、ここ!

 

白亜の巨大僧院ティクセ・ゴンパにある弥勒菩薩像だ。

写真を見ると仏像の顔のアップで写っているが、これは御堂の中に仏像が造られている構造上のせいで、巨大過ぎる仏像を間近に拝観するため2階入り口から入ると直ぐに、お顔を見ることが出来るのだ。

チベットには信仰心高い土地がらなせいか巨大な仏像を多く見ることができるが日本との違いは、やたらと鮮やかな所かも知れない。

伝統的に仏像の色が剥げてくると再塗装する事がよくあり、それが何世代も続いているので、何処に行っても色鮮やかな仏像をゴンパで見ることが出来るのだ。

また、チベット文化圏何処でも見かける事ができるのがチベット仏教の始祖パトマサンヴァパの大仏だ。

チベット仏教では、悟りを開いた者を神同等の地位に並べさせるという事があるためか、タンカ(仏画)ではしばしば高僧達が描かれたり、仏像も多く造られるのだ。

日本でも弘法大師空海や親鸞上人が、崇められる事があるがチベットにおいては、その比較にならない。

ネパールの聖地ファルピンのようなパトマサンヴァパ縁の地とかになると、こぞってニンマ派の僧院が造られ、寺院内外に巨大なパトマサンヴァパの仏像が鎮座するようになる。

この他にも、チベット初代国王ソンツェン・ガンポの仏像や、まるで生き人形のようにリアリティある高僧の仏像をネパールでは見ることが出来る。

ボクは今までチベット文化圏を色々と旅してきたが、いつも思うのがチベット人という人達は信仰心が強く、宗教というのを大切にしている事だ。

だからこそ日本では比較にならない程、仏像を造ったり、色鮮やか壁画を寺院に塗ったりして崇めているんだと思う。

そんな仏像好きにはたまらない聖地であるチベット文化圏の国々、地域が大好きでボクこれからも旅をするだろう!

このブログではガイドブックに載っていないようなチベットの仏像達をガンガン紹介していくので仏像好きの人は注視しておいて欲しい!!

-チベットの旅

Copyright© 漫画仏画絵師 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.