その他

チベットを旅する内に夢の中の不思議なチベット世界を旅するようになった旅人

投稿日:

 

最近ボクはチベット文化圏の国々を回ってる内に夢の中でも旅をするようになった。

 

しかも決まってチベット的な場所で現実世界で見る事が出来ない不思議なチベット仏教寺院が幾つも見た事がある。

 

 

【不思議なチベットの情景】

 

以前こんな夢を見た。

 

ボクは友人と共に飛行機に乗っていて何処かへ向かっていた。

窓の外は雄大なヒマラヤ山脈が見える。

この光景は以前ラダックに行った際に見たヒマラヤ山脈とそっくりで雪化粧された山々が広がっていました。

 

飛行機が到着すると、そこには更なる絶景が・・!!

 

なんとそこには聖地カイラスが目の前に鎮座していた!!

カイラス山とは西チベット奥地にある聖地中の聖地なのだけれど本物のカイラス山とは何か違っていた。

カイラス山の上にはキラキラと輝く星空の元『光のカーテン』オーロラが広がり、夜だというのにカイラス山は光輝いていた。

 

当然本物のカイラス山がある場所は北極圏でもないからオーロラを見る事は出来ない。

 

ボクと友人、飛行機に乗っていた観光客と共に、その美しい絶景を見たのだけれどボクは何処か余りにも、その光景が神々しく恐ろしいとも思えた。

 

その瞬間・・

 

 

 

夢は覚めた。

 

 

 

ボクの夢はカイラス山に行く事と友人と海外旅行に行く事なのだけれど、それが一瞬に叶ったのだ!

 

 

夢の中で・・。

 

 

あとこんな夢を見た事がある。

 

 

ボクは新緑美しい何処かの山を歩いて、頂上辺りにつくとチベット仏教寺院が森に囲まれた場所に到着した。

寺院には僧侶達が修行していたり辺りを散歩したりと思い思いに過ごしていた。

 

その山には至る所にチベット仏教寺院があり、さながらチベット仏教のテーマパークといった所でしょうか?

 

ボクは探検するまもなく夢が覚めてしまったけれど、それと似たような夢をその後見た事がある。

 

 

その場所はゴウゴウと砂嵐が吹き荒れる砂漠地帯。

 

 

そんな場所を歩いていると砂嵐に紛れて巨大な黒い影がボクの横に広がっていた。

 

砂嵐がとけると、そこには巨大なチベット仏教寺院が。

 

入る事は出来なかったが特徴はよく覚えている。

 

その巨大寺院は砂嵐の影響か、まるで砂の居城で至る所が砂に埋もれていた。

その不思議なチベット仏教寺院を見た後、ボクは砂漠地帯を進むと次に現れたのはオアシスだった。

オアシスの中はラフな服装をした人達が何人もいて、彼らの家なのか白い街並みが広がりオアシスの中心に何かのオブジェのようなモノがたたずんでいた。

 

そのオブジェがある広場に入ったその時、その夢は終わりをつげた・・。

 

 

ボクはそんな夢を友人に話すと彼はこんな事を言った。

 

 

 

「きっとその光景は何処かにあるんだよ。」

 

 

なる程。

 

 

もしかしたらボクは何かの写真か映像を無意識の内に取り込み、知らず知らず夢の世界を創っていたのか・・。

それとも友人の言うとおり実際にある場所でボクの魂が夢を見ている間、その場所に向かい、その光景を見せていたのか・・。

 

 

ボクには一体何だったのかは分からない。

 

 

ただ一つ言えるのはボクが現実世界だけでなく夢の世界にまで旅をしているという事実。

多分これからも不思議なチベット世界の夢を渡り歩いていくと思う。

 

-その他

Copyright© 漫画仏画絵師 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.