社会

中国チベット問題を日本でシミュレーション『その時、日本で一体何が?』

投稿日:

中国・チベット自治区は『チベット』という一つの国であったのはご存知だろうか?

1950年代に中国がチベットに侵略した事をきっかけに現在に繋がるチベット問題が起き、チベット人達が不遇の思いを強いられている事実があるのだ。

ボクはチベット文化圏の国々を回る内に『チベット』の歴史や文化的背景に興味を持ちチベットについて調べていく内にチベット本土では中国共産党によるチベット人に対する恐ろしい仕打ちの数々が露わになった。

現在チベットでは人権問題、宗教弾圧、領土問題等数々の政治的問題があるが日本人であるボクたちがチベット問題の現状を聞いてもピンとこないと思うのでボクはチベット問題をもっと身近に捉える為・・

 

チベットを日本に置き換えシミュレーションしようと思う。

 

始めに言っておくが、このシミュレーションはボクの独断と偏見の眼差しで書き『チベット問題』について知って欲しいと書いているものでボクが中国が嫌っているとか極端な左翼思想をもっているとかという事ではない。

 

ボクはチベットで起きている現実を多くの人に知って欲しいのだ。

 

【中国に侵略される日本】

 

某日突如日本海沿岸から中国人民解放軍が進行し自衛隊やアメリカ軍の防衛も虚しく、あっという間に日本は制圧されてしまった世界。

日本政府は当然国連に中国による侵略について提訴したが議題に上がることなく日本政府の訴えは無視された。

翌年『日本解放』に関する『17条協定』が北京で調印されると、日本はこれをもって中国の支配下になった。

 

一体にこの時何が起きたのか?

 

とある大臣が中国の圧力の中、総理大臣や天皇陛下の知らない内に17条協定を調印してしまい国会は紛糾。

日本を守るはずの自衛隊は中国軍に編入され自衛隊は消え去った。

 

日本国民は中国の侵略に怯える日々が続いているのだった・・。

 

*17条協定とは中国人民解放軍が進駐するかわりにダライ・ラマやパンチェン・ラマの存続や言語、宗教、文化を遵守するという内容であるが後々意味を持たない文言になる。

 

独立を目指す日本人たちは軍事拠点である日本進駐軍から多数の武器や資金援助を行い、日本騒乱が発生。

 

日本騒乱は四年にも及び多数の日本人が死んでいった・・。

 

当然このような現状では日本人の精神的主柱『天皇陛下』も危うくなり天皇とその一行は中国監視下の中、命からがら親日国に亡命し日本亡命政権を樹立した。

天皇が亡命すると日本は正式に中国・日本自治区になり中国がおさめる事になった。

ただ日本自治といっているものの自治区の権限をもっているのは中国共産党員であり日本人ではなく、ただのお飾りのような存在に・・

 

天皇が亡命すると『17条協定』は破棄され中国による人権無視や文化破壊の数々が始まるのだった。

 

【中国の日本文化破壊】

 

中国が日本を侵略したら一体何が起こるのだろうか?

 

それは文化破壊である。

 

チベットでは毛沢東による文化大革命時、多数のチベット寺院が破壊されチベット人達が虐殺された。

信仰心の薄い日本人からしたら寺院が破壊されても精神的苦痛になるなんて事はないだろうがチベット人にとって寺院はチベット文化の中心として、その役割を果たしチベット人の精神的支えなのだ。

では日本人にとって変わると一体何なのだろうか?

 

 

それは恐らく・・

 

 

米である。

 

 

米が稲作文化の日本を支え日本人に愛される食べ物であることは間違いがない。

ボクも米は好きだが、それが突然制限されたら如何だろうか?

 

例えば1か月一合だけ。

 

米の制限は精米業に携わる人々に大打撃を受け、餅米を使うお鏡もちの生産は大激減。

正月からモチが消え、精米業や米を原料にする食料品会社は次々に廃業。

 

こうして日本の食文化は抹殺された。

 

次に起きるのは何だろうか?

 

自治区になった日本に訪れる脅威。

 

中国人の流入だ。

 

多数の中国人が日本に定住し中国語の看板が立ち並ぶ中国世界になってしまうのだ。

ボクは東チベット・カンゼに行った際、侵略されたチベットの現状を見てきた。

中国語の看板が溢れ、チベット人たちを監視するため公安警察が巡回する現状。

これがもし日本で起きたら恐ろしい事になるのは間違いない。

文化・宗教のみならず中国人の流入により同化政策が始まり学校では日本語の教育より中国語の教育が重視され歴史教育も見直され、中国主導の歴史観に改変される。

そして日本独立、天皇陛下万歳と叫ぶ日本人は例外なく収容所に連行され人権無視の拷問が行われるのだ。

また日本人に馴染み深いSNSやインターネットは制限され言論の自由は奪われる。

例えば東チベットを旅した際、インターネット接続をしたのだがSNSや検索する事は出来ず、サイトを開けたとしてもチベット関連のサイトは開けないとかそういった事が起きた。

中国に侵略された日本において、こういった現状に不満を持ち海外へ亡命しようするが当然中国の中では違法行為。

海外へ亡命しようとするなら沿岸警備隊に発砲され銃殺されるか収容所に連行され拷問されるかなのだ。

それでも逃げることが出来た日本人は亡命政権下の街で

「フリー・ジャパン!!」

と叫びながら暮らしていく事になる。

 

そして多くの日本人が去った日本では同化政策が進み巨大なビルがたち始め経済が中国人や一部日本人が潤う一方、経済的恩恵を受けない日本人が多数出現し環境問題として多数の森林が伐採され希少な動植物が消えることになる。

これが2000年に始まった西部大開発で経済発展が遅れているチベット等の西部内陸部を開発する一大プロジェクト。

有名な青蔵鉄道が2006年に開通したが多くの中国人が流入した一方、経済的恩恵を貰えないチベット人が多いの事実。

 

次第に不満を持つ日本人の間で武装蜂起が始まり再び日本騒乱が始まるのだった・・。

 

ボクが書いてきたシミュレーションでおかしな点は多々あるとは思うが現実にこのような事が起き、チベット本土に暮らすチベット人たちは毎年のようにネパールやインドに亡命しているのが現実なのだ。

 

ボクはダライラマの復権とチベット独立を願わずにはいられない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-社会

Copyright© 漫画仏画絵師 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.