チベットの旅

美しきチベット寺院ゴンパ。そこは『魅惑の仏教世界』

投稿日:

ボクがチベット寺院ゴンパという存在を知ったのはチベット文化圏の国の一つ『ネパール』に行った時の事だ。

ボクはネパールの美しきチベット寺院の数々を見て、仏教美術の素晴らしさを知りチベット文化圏の国やアジア諸国を旅するようになった。

ボクは仏教の絵を描いているがチベットの美しいチベット寺院は仏画を学ぶ人やアジアンテイストな絵を学ぶ人にとって多いにアーティストの脳を刺激する存在だと言えよう。

ではチベット寺院ゴンパとは一体何なのか?

【ゴンパは規模によって名称が変わる】

チベット寺院ゴンパの役割は僧侶達が仏教の勉強をしたり修行や瞑想をするための僧侶達にとって大切な場所で、その寺院の大きさによって名称が変わると言われている。

1番大きな大僧院の事を『デンサ』や『チューデ』

2番目は『リトゥール』

3番目が『ゴンパ』となる。

ただ東チベットの大僧院ラルン・ガル・ゴンパやアチェン・ガル・ゴンパ、ラダックにあるティクセやマトといった大僧院の数々を見る限りその限りでは無いと言えるのだが・・

またゴンパは僧侶達が修行する場所『ドゥカン(集会堂)』『ツァクチェン(大集会堂)』が設置され、集会堂を囲むように美しい壁画が描かれ、そのゴンパの本尊がずっしりと鎮座している。

因みに集会堂ではよく僧侶達が修行しているが、静かに入れば見学も出来る。

魂を揺さぶる宗教楽器を使ったチベットのお経を聞いていれば絶対的な非日常を味わう事が出来るのでは無いだろうか?

あと集会堂には美しい壁画があるが鑑賞の注意点として、余り不謹慎な行動をとらない方が良いだろう。

以前ラダックを旅した際、ボクはマト・ゴンパで集会堂内にある壁画をスケッチしていたら僧侶の人に怒られてしまった!

なので写真撮影をしたりするのはゴンパが僧侶や仏教徒にとって大切な場所であることを理解した上で行動したいものだ。

【尊格を祀ったラカン】

ゴンパの中にはラカンと呼ばれる尊格を祀ったお堂がある。

ラカンに祀ってあるのはチベット仏教の神々で日本の仏教の神仏のカテゴリーにはない神々も祀っている。

 

例えば女神や護法神がそれにあたる。

 

女神はヒンドゥー教からの影響でチベットにもたらされた尊格で、護法神の多くはチベット土着の神々がチベットに密教を広めたパトマサンヴァパによって説き伏せられたりインドからやってきたものが多い。

またラカンにはマ二車のみを祀ったマ二・ラカンという場所もある。

 

マ二車とは筒状の法具で1回転回すとお経を1回読んだことになる便利なもので、よくチベット人がクルクルと回しながら持ち歩いているのをよく見かける。

ラカンにあるのはコルラ(巡礼用)の巨大なマ二車で、そのマ二車を囲むように集会堂のように壁画が描かれていたり仏像が置かれていたりして、仏教世界をマ二車を回しながら体感出来るような仕組みになっている。

そしてラカン近くにはマ二車廊がありコルラ用に設置され巡礼者達はクルクルと回すのだ。

【まとめ】

旅人がチベットに行くのはトレッキングだったり、チベット独特の仏教文化を見に行く事もあるけれど主な観光スポットはチベット寺院ゴンパだと思う。

ゴンパは美しい仏教壁画や仏像があるが先にも述べたように不謹慎な行動は慎んだ方が良いだろう。

チベット人にとって大切な場所なのだから・・

-チベットの旅

Copyright© 漫画仏画絵師 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.