画家として生きる

運を引き寄せる事は出来るのか?『運と出会いの数々』

投稿日:

運はあるのか‥?

ボクは絵を描き個展を開いたり海外へ旅をしている訳であるけれど、これに至るまでには運を自然に引き寄せ、絵描きになる出会いがあったのだ。

 

そもそも運とは何なのか?

 

ボクが思うに運とは突然現れる吉兆なのだと思う。

そしてそれは引き寄せる事が出来るのだと信じてる。

ボクは漫画家になるため専門学校に入学したが、それには理由があった。

当然漫画家になるスキルを得る事も出来るのだけれど日本アニメ・マンガ専門学校では年に数回『添削会』というイベントがあり、地元にいながら東京から様々な編集社(週間マガジンやシリウス等)が専門学校までやってきて自分で描いた漫画を添削してくれるのだ。

だからボクは添削会に間に合わせるように毎日マンガを描き編集社に添削してもらったが在学中たったの1度も担当をつける事も出来なかった。

だがボクと同じように漫画を描いてきた仲間の中には担当をつける人もいたし、漫画家デビューする者さえいた。

 

彼らには運があったのだろう。

 

漫画家になって成功する高校生のマンガ『バクマン』で主人公が語る漫画家になる条件を次のように語っている。

 

『うぬぼれ』『努力』『運』

 

漫画家になりたいと願う事でモチベーションが上がり、その為に目的を叶える為の努力をする‥。

 

でも最後は結局は運なのだ。

 

ボクの知り合いに専門学校時代から漫画家を目指している人がいるが彼はボクよりも多くの時間を使い漫画を描いている訳だけど、担当もついてないし賞も受賞していない。

 

何故か?

 

彼は編集社にマンガを持ち込む訳だけれど編集社のアドバイスをあまり聞かないのだ。

もしかしたらアドバイスを聞いたら今よりもっといいマンガもかけるかもしれないし担当もつく事が出来るかもしれない‥。

彼はそれを怠っていた。

ボクの場合アドバイスを聞いてマンガを描いてきたけれど、それでもダメだった。

だけどボクは在学中別のアドバイスをもらった。

専門学校で『画材技法』という授業があった。

水彩絵の具やアクリル絵の具、コピック等様々な画材を学べる授業なのだが、ボクはそこで自分でも気付かない独特な色彩感覚を発見し絵を描いた。

その絵を見た担当の先生は色づかいの注意点や「ここをこうすればもっとよくなる」とか様々なアドバイスを受け、専門学校2年目に個展をやらないかと誘われた。

 

突如やってきた吉兆だった。

 

この運を逃すともう次はないと思ったボクはその運をつかみ、絵描きの道を歩むようになるのだった。

 

ボクが思うにもしも運がやってきたら、例え自分が望まない形だったとしてもその運を掴めば新たな道を開く事が出来るのだと信じている。

 

【運と環境】

運は環境により引き寄せる事が出来るのだと思う。

例えば専門学校、漫画家を目指す人達が集まるのだから夢を叶える情報も入ってくるし運を引き寄せられる環境なのだと思う。

ボクがタンカ(チベット仏教画)を学びにネパールへ修業しに行った際に関しても、タンカ絵師が多くいて良い師と出会う事も出来るからだ。

タンカ絵師を探しにボウダナートにおもむいた際こんな事があった。

ある食堂に入った際、目の前にいたチベット人に個展のパンフレットを見せた際の事だ。

彼は自分も絵を描いていると言い、スマフォの中の画像を見せてくれたのだ。

 

なんと彼はボクが探していたタンカ絵師だったのだ!

 

ボクは彼に「勉強したい!学ばせてほしい!」と熱弁したがつたない英語が伝わらなかったか、発音が悪かったか相手にされず彼は去ってしまったのだ。

もしかしたらもっと強く引き止めていたら何とかなったかもしれない。

 

運がやってきたら引き止めるものだがボクは諦めてしまった。

 

ただボウダナートはタンカ絵師が多くいる。

 

だからボクは諦めなかった。

 

例え相手にされずともバカ高いタンカ学校に行かずともボクは諦めなかった。

 

そしてついに師となるタンカ絵師マイラ氏と出会うのだった。

諦めなければ運は自分に寄ってくるものだと思うし、経験的に思いがけない時にやってくるのだとボクは思うのだ。

だからボクは絵を書き続け、仏教美術を求めアジアを回る。

何か思いがけない運や出会いがやってくると信じてるから。

-画家として生きる

Copyright© 漫画仏画絵師 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.