画家として生きる

夢を挫折しないための『2つ』の方法

投稿日:

img_20161030_090830

 

ボクの夢は絵で食べて行く事だ。

 

だけど現状はアルバイト等をしていないと収入を得られないのが現実だ。

 

夢を持つ事は大切。

 

 

でも夢が大きければ大きい程、現実と理想の自分とのギャップで苦しみ最悪夢を挫折しかねない事になってしまう。

だからボクは夢を挫折しないための方法を考えてみた。

 

それは『小さな夢を持つ事』だ。

 

ボクの言う小さい夢とは頑張れば実現可能な夢の事だ。

例を出すと‥

 

『海外に行ってみたい』

『高額な服や本が欲しい』

『毎年1回はディズニーリゾートに行く』

『同じ考えを持つ人達と一緒に何かアクションしたい』

だとか人によって色々あると思うけど、ボクの場合『仏教文化や美術を求めて海外に行く』がそれに該当する。

ボクの大きい夢は『絵で食べて行く』そしてその夢の為、絵のスキル向上の為ボクは旅に出る。

アジアには日本には無いような色鮮やかな仏像や壁画の数々、信仰心篤い仏教徒達の聖地、寺院等‥

ボクは現地に行き『ホンモノ』の仏教美術や仏教文化を見ることにより、そこからインスピレーションを受け絵に活かしている。

小さい夢は多ければ多いほど、大きい夢が遠くに感じていてもそれを補ってくれる力を発揮するのだ。

 

それともう一つ『夢を口に出して言う』事の大切さ。

 

言葉には『言霊』というものがある。

 

ボクは旅先やバイト先で出会った人達に自分の夢をよく語る。

夢を声高らかに語る事でその夢を叶えてくれる『力』を呼び寄せてくれるからだ。

例えばいついつ「インドに行く」と回りに言うとする。そうするとインドに行くその日の為に未来を見通す力が発揮し自分自身の行動に夢実現の為の行動が現れてくる。

大きい夢を持っているのなら口に出して言う事が大切。

「いつかやる」なんて事を言っていてはダメだ。そんな事を言っている人は本気で夢を叶えたいなんて思っていないのだろう。

こういう事をして、いつまでにする。この日にやる等、具体的なヴィジョンを示す事で今自分自身がやる行動は何なのか?と考え、次第に夢は近づいてくるというもの。

だから『絵で食べて行く』という大きい夢をボクは言い続けるし、必ず夢が叶う日がやって来ると信じてる。

 

 

 

-画家として生きる

Copyright© 漫画仏画絵師 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.